今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

韓流ドラマを見ていますか?

20111119
雑情報 (40)
    韓流ドラマを見ていますか?
 
要旨
1. 韓流ドラマから韓国文化へ
1) 韓流ドラマブーム
韓流ドラマは現在迄に3回のブームが訪れた。
現在、第3次ブームの最中で、従来の中高年に若い女性が加わった。
若い女性はK-pop、韓国料理、韓国旅行などの韓国全般に興味を持っている。
2) 韓流ドラマの停滞期
似通った非日常的なストーリーと同じ俳優ばかりで飽きられてきた。
この10年間、毎年視聴率30%以上のドラマが3本、25%以上のドラマが5本もあるのは驚き。
3) 再興した韓流ドラマ
いつの時代にも楽しい、魅力あるドラマは優れた脚本、スター性がある俳優の輩出及び素晴らしい演技により成り立っていることを再認識させた。
4) 韓流ドラマから韓国文化へ
韓流ドラマは日本のみならず、中国、台湾、ベトナムなどでの人気を得始めている。
音楽界ではKARA、少女時代、東方神起などが洗練されたパフォーマンスとその国に言葉で歌い話すワールドワイド戦術により成功しつつある。
 
2. 韓流ドラマの放送時間が増えた
1) 売れない芸人の犬の遠吠え
韓流ドラマの全放送時間に占める割合は地上波放送において1.7%、かなり韓流ドラマの放送時間が多いと感じるBS放送でさえ6.5%程度しか占めていない。
競争力がないものがその地位を追われるのは当たり前で、演技ができない芸人が新たに出てきた韓流ドラマの俳優にその座を追われるのは自然の成り行き。
2) お笑い芸人の出演を減らすのが先決
公共放送として韓流ドラマの多さを問題視するより、お笑い芸人のトークショーを減らすのが先決。
3) 韓流ドラマは自前で作るより安い
韓流ドラマは日本ドラマの1/10のコストで放送することができる。
放送局として制作コストが安く視聴率が稼げる韓流ドラマを取り入れるのは当然。
 
3. 韓流ファン層の拡大
1) 韓流ドラマの人気度
「アイリス」の視聴率が低かったことから、韓流ドラマはまだ日本のゴールデンタイムの時間帯において10%を取れるほどの人気はない。
韓流ドラマは昼間に4%の視聴率を得ていることから潜在的ファンが相当いる。
2) 韓流ドラマファンが増えるさきがけとなった「韓流α」
「韓流α」が視聴者の好評を得ていることから、他の放送局でも次々と韓流ドラマの放送を開始はじめ、放送枠を増やしている。 

△ページトップへ戻る

1. 韓流文化が認知されつつある
1)  韓流ドラマの情報
今までに韓流ドラマの情報を2回発行した。
パソコン情報(11)   韓流ドラマの楽しみ方            2009319日発行
パソコン情報(11-2) 韓流ドラマの楽しみ方、その2 2010226日発行
 
2回目を発行後1年半経過し、韓流ドラマへの関心の度合いが更に高まってきていることから雑情報として追加発行した。
 
2)  韓国文化の人気化
現在、日本のテレビでは「華麗なる遺産」「善徳(ソンドク)女王」「製パン王キム・タック」などの韓流ドラマが次々と紹介され、新たなエンターテインメントの地位を確立しつつある。更に韓流ドラマをきっかけとして韓国音楽、韓国料理なども人気化し韓国文化が認知されつつある。
 
 
2. 韓流ドラマから韓国文化へ
1)  韓流ドラマブーム
韓流ドラマは現在迄に3回のブームが訪れた。
 
最初の韓流ドラマのブームは2003年にNHKBS2で放送したチェ・ジウとペ・ヨンジュン主演の純愛ドラマ「冬のソナタ」が発端となり、中高年女性の心をひきつけた。
2次ブームは2004年にNHKBS2、地上放送で「チャングムの誓い」が放送され、「冬のソナタ」にはまった中高年女性に加えて中高年男性も韓流ドラマのとりことなった。
現在は第3次ブームの真っ最中である。今回のブームは今までの韓流ドラマの主力であった中高年に、高校生を含めた若い女性が参入した。若い女性の感性は韓流ドラマのみならずK-popと呼ばれる韓国音楽、韓国料理、韓国旅行などの韓国全般に興味を持っているのが特徴である。
 
2)  韓流ドラマの停滞期
今でこそ隆盛をきわめている韓流ドラマ、その道のりは平たんではなかった。
韓国において20052008年、日本ではテレビ放送やDVD化までに時間遅れがあるためその1年後に一時的な韓流ドラマの停滞期が訪れ視聴率が低下した。
韓流ドラマの視聴率の推移を(図)表1に示す。
 
130123韓流ドラマ年別視聴率表1
   
韓流ドラマの特徴は家族や友人との絆を根幹にすえ、ストーリーの中に非日常的な出生の秘密、交通事故、記憶喪失、不治の病気をちりばめたものである。ドラマには悪役がいて、主人公に対ししつこいいじめ、嫌がらせを行うが、主人公はそれに打ち勝ち成功をおさめ、復讐を果たし幸せをつかむ内容がほとんどである。しかし、毎回毎回これらを見せつけられると視聴者に飽きられてしまう。
また、ドラマを制作する放送局は、安定して視聴率が取れるチェ・ジウのような出演料が高い大スターを使い続けてきたことにより、製作費の高騰に苦慮し対応を迫られていた。一方、視聴者もドラマの中にいつも同じスターばかり登場するため飽きてきていた。
 
追い打ちをかけるように、2005年頃から急速に家庭へのパソコン、携帯電話、ビデオなどの録画装置、レンタルDVDやネットによる動画配信の普及が広まり、決まった時間にテレビの前でドラマを見る必要性が薄くなってきた。表1から長期的にテレビ視聴率が少しずつ低下しているのはこの影響であろう。それにも係わらずこの10年間、毎年視聴率30%以上のドラマが3*1)25%以上のドラマが5本もあるのは驚きである。
 
*1) ドラマの数え方:ドラマの数え方は本(ほん)であり、1本、2本と数える。1本の韓流ドラマは平均16話で構成され、それぞれを第1話、第2話・・・と数える。
また、日本の放送業界には3か月、すなわち4半期を1クールと呼ぶ習慣があり番組はクールごとに新たに開始、終了している。この慣例により、日本のドラマは1クール内で収める必要から1本当たり話数が10~12話(4週/月×3か月=12週)となっている。
最近、東南アジアにおいて日本のドラマの人気が落ちているのは、韓流ドラマの進出に押されていることも理由であるが、日本のドラマは韓流ドラマと比較すると話数が少ないのと、1話あたりの収録時間が45分と短いため、すぐ見終わってしまうことも要因の一つとなっている。
 
Innolife.net 韓国エンタメ、2009111
 [特集1]ドラマの洪水…韓流は終わったのか?
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=106089
 
3)  再興した韓流ドラマ
韓国芸能界はドラマの低迷を打開するため、優れた脚本の再構築と若手俳優の発掘と育成をはかり、同時に韓国政府によるドラマを含むエンターテインメントの海外輸出強化策も行った。
これらの対策が功をそうし、面白い魅力あるドラマの脚本が次々と書かれ始め、主役には若手俳優が起用され大スターに引けを取らない演技が見られるようになった。
この結果、ドラマへの関心も高まり、視聴率も回復した。
 
今回の韓流ドラマの停滞は、ドラマはどうあるべきかを見直すことに良い機会となった。いつの時代にも楽しい、魅力あるドラマは優れた脚本、スター性がある俳優の輩出及び素晴らしい演技により成り立っていることを再認識させた。
 
Innolife.net 韓国エンタメ、2009111
 [特集2]それでも韓国ドラマには希望がある
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=106090
 
4)  韓流ドラマから韓国文化へ
韓国はドラマを輸出産業と位置付け日本、中国のみならず東南アジアから世界へと拡大させ、ドラマを通じて韓国製品や韓国のイメージなどの韓国文化の普及ひいては韓国の国力を強くすることで動いている。
現在のところ、その戦略は的中し韓流ドラマは日本のみならず、中国、台湾、ベトナムなどでの人気を得始めている。音楽界ではKARAや少女時代、東方神起などが洗練されたパフォーマンスとその国に言葉で歌い話すワールドワイド戦術により成功しつつある。
まさに、韓国のエンターテインメントの輸出は急拡大している。
 
 
3. 韓流ドラマの放送時間が増えた
1)  売れない芸人の犬の遠吠え
7月に俳優の高岡蒼甫(そうすけ)がフジテレビで放送*2)されている韓流ドラマの数が多すぎるとのブログに載せ、それをきっかけとして、フジテレビに対し抗議のデモが起こった。
 
また、誰もが2年ほど前からテレビ放送される韓流ドラマが増えていることを感じている。
テレビの番組欄を見ると、地上波放送(地上デジタル放送、略称して地デジ)ではそれほど気にならないが、BS放送(衛星放送)では、かなりの量の韓流ドラマを放送しているのがわかる。
テレビでは韓流ドラマをどの程度放送しているのであろうか?
実際、20117月に放送された韓流ドラマをまとめたものを表2に示す。
  
2 テレビで1か月間(20117月)に放送した韓流ドラマの放送時間

放送局
地上波放送(地デジ)
BS放送
合計(地上波放送+BS放送)
韓流
ドラマの
放送時間
(時間)
全放送
時間*b)
 
(時間)
韓流
ドラマの放送比率
(%)
韓流
ドラマの放送時間
(時間)
全放送時間*c)
 
(時間)
韓流
ドラマの放送比率
(%)
韓流
ドラマの放送時間
(時間)
全放送時間
 
(時間)
韓流
ドラマの放送比率
(%)
フジテレビ
40
744
5.4
48
682
7.0
88
1,426
6.2
日本テレビ
0
744
0
92
682
13.5
92
1,426
6.5
テレビ朝日
0
744
0
60
682
8.8
60
1,426
4.2
テレビ東京
12
744
1.6
36
682
5.3
48
1,426
3.4
TBSテレビ
20
744
2.7
28
682
4.1
48
1,426
3.4
NHKテレビ
4
744
0.54
4
682
0.59
8
1,426
0.42
合  計
76
4,464
1.7
268
4,092
6.5
344
8,556
4.0
 
*a) 

















*a) 引用先 ★厳選!韓国情報★+α  South Korea News Channel  ノーモア捏造韓流ブーム
2011年7月31日、★各テレビ局の韓国ドラマ放送時間、ウジテレビがダントツの1位(地上波)から引用し取りまとめた http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/36332dc349729e0b921d87618da132db
*b) 地上波の全放送時間は、現在ほとんどの放送局が放送機器の点検時を除き終夜放送をしているため1日の放送時間を24時間とした。7月一か月間の合計は 31日×24時間/日=744時間/月。
*c)  BS放送の全放送時間は、早朝に2時間ほどの休止をしている放送局があるため、1日の放送時間は22時間とした。7月一か月間の合計は 31日×22時間/日=682時間/月。
 
高岡蒼甫が抗議したフジテレビは地上波放送こそ1か月に40時間放送し他局より多いがBS放送を含めると日本テレビが最も多い。
しかし、流ドラマの全放送時間に占める割合は地上波放送において1.7%、かなり韓流ドラマの放送時間が多いと感じるBS放送でさえ6.5%程度しか占めていない。
 
高岡蒼甫の一言は、売れない芸人が職を失いつつあることに危機感を覚えやけっぱちとなり韓流ドラマ枠が多いと叫んでいるようにしかみえない。まさしく、犬の遠吠えである。
何事も競争力がないものがその地位を追われるのは当たり前で、演技ができない芸人が新たに出てきた韓流ドラマの俳優にその座を追われるのは自然の成り行きである。
 
*2) 放送と放映どちらが正しい
NHK放送文化研究所、ホーム > ことば(放送用語) > 放送現場の疑問・視聴者の疑問 > 「放映」と「放送」の使い分け
       http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/064.html
 
2)  お笑い芸人の出演を減らすのが先決
韓流ドラマの放送に異議をとなえることより前に、芸人ばかり集めて行うくだらないお笑い、クイズ番組などを止めるのが先決であろう。下劣なお笑いや男か女かわからないような役者を10名程度集めトークショーらしき番組が増えているが、一般のサラリーマンとはまったく異なる芸人の意見を聞いてどうするの?その道の専門家でもなく、かつ勉強をして世間並の知識があるとは思えず、常識にも乏しいのに、声高に持論を述べているさまは噴飯*3)ものである。ただし、芸人の中には相当な切れ者や常識人もいて尊敬すべき者も見うけられるが、全体からみるとほんの一握りである。
 
公共放送のコンテンツとして、韓流ドラマの多さを問題視するより、あまりに多すぎるお笑い芸人のトークショーを減らすのが先決であろう。お笑い芸人程度の知識、能力、常識が日本国民の平均であり、普通であると間違えさせるような番組は、自分で物事の判別をきちんとできない子供に悪影響を与えるばかりか、大人を含め日本全体の教育水準を低下させることにもなりかねない。
 
その点、NHKは受信料を基に番組を制作しているため、スポンサーの意向や視聴率の高低に一喜一憂することなく視聴者や社会に役に立つ、ためになるニュース、報道、各種特集番組などを数多く制作、放送しており、子供から大人まで安心してみることができる。
 
*3) 噴飯(ふんぱん)もの
 おかしくてたまらず、口に含んだ飯を吹き出すこと、吹き出して笑う意味である。
 
なぜ韓流ドラマの放送が増えているのであろうか?
次にその理由を調べてみる。
 
3)  韓流ドラマは自前で作るより安い
放送局がテレビで流す韓流ドラマを増やしている大きな理由として、自前でドラマを制作するより、格段に安く韓流ドラマを購入できるからである。
 
3の韓流ドラマと日本のドラマのコスト比較を参照。
日本のドラマ1本、全10話の製作費は25億円。韓国のドラマ1本、全2030話を購入して放送する費用は5,000万円となっていることから、韓流ドラマは日本ドラマの1/10のコストで放送することができる。
 
もちろん、いくら安く海外のドラマを購入できても、視聴率が伴わなければ購入する意味がないが、韓流ドラマは日本人にも受け入れられる優れた脚本、イケメン、美女がキャストとして登場、俳優の演技力は抜群のため、一度韓流ドラマを見た視聴者はとりこにされてしまう。
放送局として制作コストが安く視聴率が稼げる韓流ドラマを積極的に取り入れるのは当然であろう。
 
3 韓流ドラマと日本のドラマのコスト比較
項 目
韓流ドラマ
日本のドラマ
備 考
1本の話数(現代物)
1630
913
韓流ドラマは日本ドラマの1/10のコストで放送できる。
1本の放送期間
34か月
3か月
1本当たりの
製作費、購入費
5,000万円
2030話の購入費)
25億円
10話の製作費)
1話当たりのコスト
167250万円
2,0005,000万円
 
ヤフー知恵袋、20111020日、shinora8さんのブログ
ドラマのお値段~キムタクの出演料と韓国ドラマ放映権料が同じ?
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n732
 
  
4. 韓流ファン層の拡大
1)  韓流ドラマの人気度
韓流ドラマの人気度を示すのに参考となるドラマがある。韓国において200910月から夜の10時代に放送され、イ・ビョンホン、キム・テヒが出演した「アイリス」である。韓国では平均31.9%の高視聴率を獲得した。日本では20104月にフジテレビが夜の9時から放送したが平均7.1%の視聴率しか得られなかった。
 
視聴率が悪かった一番の原因は、韓流ドラマでもあまり制作されないスパイ物の上、日本人には関心が薄い北朝鮮と韓国とのスパイ合戦が話題の中心のため面白くなかったからであろう。若者にも人気があるラブコメの「花より男子」「コーヒープリンス1号店」を放送していれば違った結果になったかも?
また、日本で放送された「アイリス」は韓国版と比較するとカットが多すぎてストーリーがわかりづらかったし、日本語吹き替えにプロの声優を使わなかったので俳優のイメージが損なわれたなども要因であろう。
「アイリス」の視聴率から、韓流ドラマはまだ日本のゴールデンタイムの時間帯において10%を取れるほどの人気を得るまでには至っていないことを示している。しかし、昼間の時間帯にコンスタントに4%の視聴率を得ていることから、韓流ドラマファンが相当いることも確かである。
 
2)  韓流ドラマファンが増えるさきがけとなった「韓流α」
テレビで韓流ドラマの番組が増えるきっかけとなった番組がある。
20101月からフジテレビにおいて放送を開始した「韓流α(アルファ)」である。月~金曜日の昼間の27分から人気の高い韓流ドラマをノーカット、日本語吹き替えで放送を始めた。現在、「韓流α」の放送開始時間、日本語吹き替えは維持されているが、ノーカットは変更され、実際の内容は45分の大幅カットとなっている。
 
「韓流α」において今までに放送された主なコンテンツは「私の名前はキム・サムスン」「華麗なる遺産」「タルジャの恋」「ラスト・スキャンダル」「美男(イケメン)ですね」「製パン王キム・タック」など韓流ファンなら誰もが知っている話題のドラマ、韓国で人気を得た最新ドラマが含まれている。この結果「韓流α」の視聴率は同時間帯の平均3%をしのぐ4%前後を獲得している。
 
韓流α」が視聴者の好評を得ていることから、他の放送局でも次々と韓流ドラマの放送を開始はじめ、放送枠を増やしている。
 
現在、地上波、BS放送を含めると毎日20タイトル前後の韓流ドラマがどこかの放送局で放送されている。
地上波放送ではTBSテレビが朝の115分~「韓流セレクト」、テレビ東京は昼の1230~「韓ドラエンタ」の愛称でそれぞれ放送している。
BS放送は、従来から視聴率が低いためスポンサーが集まりにくく、たまに高視聴率を稼ぐのは地上波放送が放送しないサッカーの国際試合、巨人戦の野球などスポーツ関係に限られていた。このためBS放送では通常放送する番組枠を埋めるため苦慮し、止む無くテレビショッピングの放送ばかり目立っていたが、手堅く数%の視聴率を稼げる韓流ドラマは番組表を埋めるための絶好のターゲットとなっている。今や民放系のBS放送において韓流ドラマは全番組の414%(表2を参照)を占めるまでになっている。
 
 
参照資料
雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌などの出典元、年月日、タイトルを載せる。
 
2. 韓流ドラマから韓国文化へ
★朝日新聞           20111017   はじめての韓流
                                                           発端は中国 アジアへ飛び火
                                                           魅力磨くのも産業政策
 
★日本経済新聞    201187       放送局から,ドラマの内容に適した話数を
 
★日本経済新聞    2011921     サラリーマン生態学
                                                           韓流ドラマ、テーマに異変
 
★読売新聞            2010826    日韓100年 アイドル共有時代
                                                           もはや「特別な国」ではない
 
★読売新聞            201118      韓国アイドル 日本デビュー続々
                                                           修行と管理と
                                                           語学も猛特訓
                                                           恋愛は御法度
                                                           ブーム過熱弊害も
 
★日本経済新聞     2011830    韓国女性アイドル続々上陸
                                                           激しいダンスビート
                                                           美を生む厳しい鍛錬
 
3. 韓流ドラマの放送時間が増えた
Yahoo!ニュース  2011730     茂木健一郎「韓流のどこが悪い」
                                                            フジテレビ「不視聴」を批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110730-00000003-jct-ent
(削除されている)
 
★朝日新聞            2011115     記者有論 フジテレビデモ
                                                            震災が生んだ覚醒と熱病
 
★朝日新聞            201185       韓流番組 なぜ増えた?
                                                            TV局「自前より安い」  
                                                            韓国の「輸出力」に力
                                                            台湾では規制の動き
4. 韓流ファン層の拡大
★朝日新聞            20111022   be between 読者とつくる
                                                            韓流ドラマ見ていますか?
                                                            ありえない設定が魅力
★読売新聞            201082426   テレビ&ラジオ
韓流の今 上 ドラマ新ファン層拡大  フジの平日昼枠「韓流α」好調
韓流の今 中 ドラマ制作日本も参画 ロケ誘致や脚本、俳優出演
韓流の今 下 日本で「ファンミ」続々  「触れ合い」人気20回も
 
★読売新聞            2011623     TV&RADIOアンテナ
                                                            韓流ドラマスターの魅力
△ページトップへ戻る
  1. 2013年01月23日 18:46 |
  2. 韓国・中国(反日 ドラマ)