今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

カーテンの遮光性を高め、快適な睡眠を確保する (既存のカーテンに遮光1級の裏地カーテンを追加)

2018427

 

雑情報 (72)

カーテンの遮光性を高め、快適な睡眠を確保する

(既存のカーテンに遮光1級の裏地カーテンを追加)

要旨

1.寝室のカーテンを閉めると真っ暗ですか?

* 遮光性が低いカーテンを使っている寝室は、夏季の期間、早朝からほのかに明るくなるいため、薄明るさに反応して目が覚めつい早起きになる。

* 高齢者は、睡眠の質が低下していることを知ったうえで、少しでも睡眠状態を改善して快適な一日を過ごしたい。

* 朝方、カーテンを通し部屋が明るくなるなら、使っているカーテンは遮光2,3級にほぼ間違いない。

* 遮光1級のカーテンは、外の明るさに関係なく寝室内は真っ暗である。

 

2.カーテンの見直しにより寝室の遮光性を高める

* 寝室の遮光性を高める方法は

遮光1級のカーテンに買い替える

遮光1級の性能を持つ裏地カーテンを既存のカーテンの室外側に後付けする

* カーテンは、遮光性の違いにより遮光等級1,2,33つあるが、カーテンの遮光等級は勘違い、誤認しやすい表示となっている。

* 遮光性を比較するのに透過率を採用すると、遮光2級、3級のカーテンは遮光1級のカーテンよりもそれぞれ最大20倍、60倍も透過しやすい。

* 透過率を使う方が遮光率よりも実際の人間の感覚にマッチングしている

 

3.裏地カーテンの選定

* カーテンは生地が良いほど厚く、重いので高級品、普及品、安物の区別が簡単。

* 高級なカーテンを使うべき部屋は、1日の1/3の時間を過ごす寝室である。

* 後付けできる裏地カーテンは、DIY、ネットから購入できる。

* 選定時の注意事項は

遮光1級であることを確認する(最重要)

②③裏地カーテンのサイズ(丈、長さ及び幅)を選ぶ

裏地カーテンはアクリル樹脂をコーティングしており外見はビニール状。しかし、既存カーテンの裏にとりつけるので、室内からはまったく見えない。

 

4.裏地カーテンの購入から取り付け

* カーテンくれない(楽天)のサイトから後付け裏地カーテンを購入。

* 裏地カーテンの取り付けに手間はかからず20分程度で終了。

* 取り付け後、裏地カーテンを透過する光はないがカーテンの上部から光が侵入。

* 今後の対策(次回紹介)

裏地カーテンを吊り下げるアジャスターフックの調整

既存カーテン+裏地カーテンの上部にカーテンボックスを設置


△ページトップへ戻る

1.寝室のカーテンを閉めると真っ暗ですか?

1)遮光性能が低いカーテンの室内

遮光性が低いカーテンを使っていると、春分から秋分までの期間、太陽が早く出るため、カーテンを透過した光が寝室内に入りこみ、ほのかに明るくなる。

 

冬季は陽が短く7時位まで外が暗いので、起きることはないが、陽が長い時期は、室内の薄明るさに反応して目が覚め、つい早起きになる。

 

ナショジオ、 明るい寝室は不眠のもと、暗い朝は寝坊のもと、
2016913日  https://style.nikkei.com/article/DGXMZO06437260U6A820C1000000?channel=DF260120166530

 

付け加えると、十分睡眠をとり気持ちよく目覚めたら、朝日を浴び就寝モードから生活モードへの切り替えが大事。

一日を快適に過ごす秘訣は、起きたらまっさきにカーテンを開け、太陽を浴びよう!

 

2)高齢者は睡眠の質が低下している

若い世代は、日中の勉強、運動、仕事などによる疲れから睡眠時間が長く、熟睡するため、周囲が多少明るくとも、目が覚めることはない。

 

中高年になると睡眠時間の短縮、熟睡度の低下、さらに夜間のトイレの増加により、ちょっとした光、音に反応し起きてしまう。

夜に熟睡できないせいで、昼間のうたたね、夜は10時になると眠くなるなど高齢者特有の睡眠障害により上手な睡眠ができなくなる。

 

高齢者は、睡眠の質が低下していることを知ったうえで、少しでも睡眠状態を改善して快適な一日を過ごしたい。

 

3)寝室のカーテンの遮光性能を確認する

朝方、寝ていてカーテンを通し部屋が明るくなっているのがわかるようなら、使っているカーテンは遮光2,3級にほぼ間違いない。

 

多くの家庭は、長年カーテンの遮光性能はこの程度だろうと思い込み、疑問に思うこともなく、遮光性能に優れたカーテンがあることを知らずに遮光23級のカーテンを使っているのが実態かも?

 

遮光1級のカーテンをかけているなら、外の明るさに関係なく寝室内は真っ暗である。

  

カーテン画像1IMG_7125

画像1 寝室の既存のカーテン(幅100cm×178cm×2枚)

たぶん遮光2級のカーテン、

寝室内を締め切るとカーテンを通して外の明るさがわかる

 

 

2.カーテンの見直しにより寝室の遮光性を高める

1)寝室の遮光性を高める方法

寝室は夜間~起床時間まで暗くしておきたい。

 

具体的には、現在使用している遮光2,3級のカーテンを

遮光1級のカーテンに買い替える

遮光1級の性能を持つ裏地カーテンを既存のカーテンの室外側に後付けする

 

は、新しい住まいに転居する、あるいは、数十年カーテンを使い続け、くたびれたので買い替えようと検討していたなら、新規に遮光1級にカーテンを購入し付け替えるだけ。

 

は、多くの家庭にあてはまる。

後付けする裏地カーテンを購入し、今使っているカーテンの屋外側に取り付ければよい。

 

 liner_kago02.jpg

画像2 既存カーテンに裏地カーテンを取り付け、窓側から見た画像

奥側の茶色の物:既存カーテン

手前の白い物:裏地カーテン

カーテンくれないの後付け遮光裏地用カーテンのサイトから引用

https://item.rakuten.co.jp/kurenai/liner/

 

2)カーテンの遮光等級は勘違い、誤認しやすい

カーテンは、遮光性の違いにより遮光等級1,2,33つある。

 

一般人は遮光等級の数値見ただけで意味を理解できない。

遮光1級も遮光3級も遮光率は99.4099.99%のわずかな差しかないため、遮光1級と遮光3級とは、同じ程度の遮光性能があると勘違いしてしまう。

 

カーテンの遮光等級は、言葉のイメージと実際の感覚とが相当ずれている典型である。

 

3)遮光等級の差は透過倍率で示すとわかりやすい

カーテンの業界団体は一般人が勘違い、誤認しないようイメージ通りの遮光性能がわかるような表示を示してほしいものである。

 

個人的な意見として、遮光率の代わりに透過率を使い、光の透過倍率の違いでカーテンの遮光性能を比べるとかできないのだろうか?

 

1に遮光等級の比較を示すが、下方部に透過率の差などを追記した。

透過率の比較から、遮光2級のカーテンは遮光1級のカーテンよりも最大20倍も光を透過しやすいことがわかる。遮光3級は同様に最大60倍も透過しやすい。

 

これなら、遮光等級によるカーテンの性能の差が実体験と違わないため、カーテンを買い損ねるおそれが少なくなる。

 

1 遮光等級の比較

項 目

基   準

等 級

遮光1

遮光2

遮光3

遮光率

99.99%以上

99.80%以上

99.99%未満

99.40%以上

99.80%未満

遮光の程度

カーテンの選び方、遮光カーテンの等級と3つの賢い選び方、遮光カーテンの等級別の比較画像から引用 https://curtain-sommelier.com/blog/shakou-curtain/

透過率

0.01%以下

0.010.20

0.200.60

透過率の比較

0.01%を1とする

遮光1級の120

遮光1級の2060

 

 

カーテンの選び方、遮光カーテンの等級と3つの賢い選び方、
2018425日)  https://curtain-sommelier.com/blog/shakou-curtain/

 

 

3.裏地カーテンの選定

1)カーテンの仕様

一般に、カーテンは生地が高級なものほど厚みがあり重いので高級品、普及品、安物の区別がしやすい。

 

高級品は、使っている繊維の品質がよい上に繊維が太く、織目が詰まっているため遮光、遮音、断熱性に優れている。

また、高級なカーテンはゆったりしたひだがあり、サイズも大きく、厚みがあるので重厚さが一目でわかる。

 

2)実用性を考慮してカーテンを選ぶ

古い家屋は、客間、リビングに高級なカーテンを使用し、それ以外の部屋は普及品を使っている。

 

本来、高級なカーテンを使うべき部屋は、1日の1/3の時間を過ごす寝室だろう。心地よく熟睡するためには寝室の遮光、遮音、エアコンの効きを高める断熱を必要とする。

 

カーテンはその中の遮光を大幅に改善するのみならず、補助的にわずかであるが遮音、断熱性も高めることができる。

 

日々の生活の中で、見栄を張る、外面をよくすることから、家族が快適に過ごせるような家庭にする方向に変えていけば、より快適な生活をすごせると信じている。

 

3)裏地カーテン選定時の注意事項

既存の遮光2,3級のカーテンに後付けできる裏地カーテンは、DIY、ネットから購入できる。

 

ニトリ、ネットショッピングの楽天、アマゾンなどが裏地カーテン、カーテンライナーの名称で販売している。

 

選定時の注意事項

遮光性

遮光1級であることを確認する。

遮光等級の記載がない裏地カーテンは遮光2級の品もある。

DIYで販売している安価な裏地カーテンの中には、遮光表示もなく、持ってみて軽いので買わない。

断熱カーテンライナーは遮光1級の性能がないので買ってはいけない。

 

裏地カーテンのサイズ(丈、長さ)

丈(長さ)は既存カーテンより8cm程度短いものを選ぶ。

裏地カーテンは、既存のカーテンのアジャスターフックに引っかけて取り付けるため、カーテンの丈は、アジャスターフックの取り付け寸法分短くないと床をひきずる。

 

裏地カーテンのサイズ(幅)

幅は、既存のカーテン(窓1面に裏地カーテン2枚使用)幅よりカーテン1枚につき5cm程度長いものを選ぶ。

幅は、既存のカーテン幅より若干広くないと、隙間から光が差し込むおそれがある。

 

生地はビニール状

裏地カーテンは、普通のカーテンとは異なり、化学繊維を編んだ生地に光が透過しないようにアクリル樹脂、アルミなどをコーティングしているため外見はビニールにそっくり。

  効果(性能)対価格面から、遮光1級を達成しつつ、既存カーテンに後付けするため軽くすることが求められている、価格は抑えないと市場価値がない(新規の遮光1級カーテンとの価格差が小さいと売れない)ことから、樹脂コーティングになった。

生地はビニール状であっても、既存カーテンの裏にとりつけるので、室内からはまったく裏地カーテンは見えないので外観は問題ない。

 

4)裏地カーテンの購入先

遮光1級の裏地カーテンの購入先は

 

カーテンくれない(楽天)、後付け遮光裏地用カーテン 遮光ライナーカ-テン、

2018425日)  https://item.rakuten.co.jp/kurenai/liner/

 

カーテンくれないの本店では、遮光1級カーテンのみを販売。

後付け裏地カーテンは、上記楽天のサイトとアマゾンで販売。

 

アマゾン、節電対策 1級遮光 断熱効果取り付け簡単 「後付け裏地用カーテン」、(2018425日)

https://www.amazon.co.jp/%E6%96%AD%E7%86%B1%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E5%8F%96%E3%82%8A%E4%BB%98%E3%81%91%E7%B0%A1%E5%8D%98-%E3%80%8C%E5%BE%8C%E4%BB%98%E3%81%91%E8%A3%8F%E5%9C%B0%E7%94%A8%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3%E3%80%8D-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%EF%BC%9A%EF%BC%88%E5%B9%85%EF%BC%89105%C3%97%EF%BC%88%E4%B8%88%EF%BC%89192cm%C3%972%E6%9E%9A-%EF%BC%88%E5%B9%85%EF%BC%9A100cm%C3%97%E4%B8%88%EF%BC%9A200cm-105%C3%97192cm/dp/B005FOFO3O

 

王様のカーテン(楽天)、1級遮光カーテンライナー、(2018425日)

https://item.rakuten.co.jp/ousama-c/curtain-1gradeliner/

 

こだわり安眠館(楽天)、後付裏地カーテン「スーパーブロック」、

2018425日)  https://item.rakuten.co.jp/futon/dkb-superblocksv/

 

平成30425日現在、ニトリでは後付け裏地ライナーの遮光1級品はなく、遮光3級品の断熱、遮音、断熱品のみを販売している。

遮光1級の裏地カーテンを購入するなら、ニトリは除外される。

 

ニトリ、裏地カーテン(コモド 105X100X2)、(2018425日)

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/CurtainRailBlind/DrapeCurtain/DrapeCurtainBrown/7328251?ptr=item

 

 

4.裏地カーテンの購入から取り付け

1)購入先の選定

上記サイトを見た後、近場のDIY2店舗へ行き裏地カーテンを手に取ってみた。

DIY店の裏地カーテンは、エアコンの効きをよくする断熱性能のみを強調し、遮光性能を期待できないため(遮光1級の表示なし)購入しなかった。

 

ネット上の4社の裏地カーテンを比較検討し、最終的に

カーテンくれない(楽天)から後付け遮光裏地用カーテン (遮光ライナーカ-テン)を購入した。  https://item.rakuten.co.jp/kurenai/liner/

 

仕様:幅105cm×丈(長さ)170cm×2

価格(税込):2,040×2枚+送料700円=4,780

 

2)受領

ネットで購入手続き後、1週間で自宅に届いた。

カーテン画像3IMG_7128  

画像3 カーテンくれない製 後付け遮光裏地用カーテン

(以降、裏地カーテンと呼ぶ)

105cm×172cm×2

 

3)取り付け

取り付けに手間はかからず20分で終わった。

 

既存の遮光2級のカーテンを取り外し、アジャスターフックに裏地カーテンをフックに差し込んでいった。


カーテン画像4MG_7129  

画像4 裏地カーテンの取り付け

                    既存カーテンのアジャスターフックに裏地カーテンを引っかける

 

カーテン画像5IMG_7131  

画像5 裏地カーテンの取り付けを完了

奥 側:裏地カーテン 幅105cm×172cm×2

手前側:既存カーテン 幅100cm×178cm×2

 

4)取り付け後の遮光性能は?

裏地カーテンを取り付けた後、すぐに遮光性能を確認した。

室内の照明をつけると、裏地ライナーは既存カーテンの後ろに隠れまったく見えない(画像6)。

 

カーテン画像6IMG_7171

画像6 裏地カーテンの取り付け後の状況(室内照明あり)

中央:既存カーテン+裏地カーテン、左上部:エアコン室内機

  

照明を消すと、既存カーテンを透過してくる光はなく、裏地カーテンの遮光性能があることが確認できた。しかし、既存カーテンの上部から、外の明りが室内にもれこんでいるのがわかる(画像7)。

 

 

カーテン画像7MG_7169

画像7 裏地カーテンの取り付け後の状況(室内照明なし)

中央:既存カーテン+裏地カーテン、左上部:エアコン室内機

 

これでは、裏地カーテンを取り付けた意味がない。

 

明かりの侵入の要因は裏地カーテン自体ではなく、窓、裏地カーテン、既存カーテンの上部の隙間であると想定した。

 

対策は、あまり効果がないが裏地カーテンを吊り下げるアジャスターフックの長さを調整。

抜本策は既存カーテン+裏地カーテンの上部にカーテンボックスをDIYにより設置する。

 

カーテンボックスにより、カーテン上部から漏れこむ明かりを防ぐのみならず、カーテン上部への空気の流れを阻止できることから、断熱性が向上しエアコンの効きが良くなり電気代が節減できる。

 

カーテンボックスの製作過程、完成後の遮蔽効果について、続編で公開する。

 

 

参照資料

雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌、サイトなどの出典元、年月日、タイトル、ウエブページのアドレス(URL)を載せる。

 

NHKらいふ、 すやすやぐっすり!快眠のための寝室づくり、(2018425日)

http://www.nhk.or.jp/lifestyle/article/detail/00175.html

 

RISE これでスッキリ目覚められる!冬の朝でも起きたい時間に起きる方法、

2018112日   http://www.risetokyo.jp/contents/archives/1213


△ページトップへ戻る
 
  1. 2018年04月27日 19:30 |
  2. DIY (住宅・家具の改造 )