今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

中古マンションを購入する際の注意事項、その4 (階数による住み心地、騒音、ペット飼育)

20161129
2016年12月2日追記

雑情報 (62-4)

中古マンションを購入する際の注意事項、その4

(階数による住み心地、騒音、ペット飼育)

 

要旨

1.階数による住み心地

* 玄関のドア、バルコニーの窓の鍵は、居住階数に関係なく常にかけておく。

* 在宅時はドアの鍵と一緒にドアチェーンをかけることを忘れないように!

* 最上階は夏場、直射日光がコンクリートを加熱するため、日中の室内は灼熱地獄。

* 1階は夏季、地面からの照り返しが強く、熱気が入り込むため暑く、冬は室内から地面への放熱が多く寒い。

* 中層階は上下階、隣室が断熱材の役目を果たすので暖冷房費が安く済む。

* 排水が悪い地域は湿気が高いので避ける。

* 湿気は下方、空気がよどんだ箇所に溜まりやすいため1階は避ける。

* 2階より上の部屋であっても、角部屋、北向きの部屋なら雨季、冬季にはなんらかの結露対策を行わないとカビが発生するおそれがある。

* 共用通路に面した部屋は人から見られることがあることから、有効に使うことができず納戸、寝室などにしか使えない。

* 高層階は周囲から覗きこまれるおそれがなくカーテンを開けっ放しにして過ごすことができるが、下層階は常に周囲から見下ろされている感がある。

* 部屋の換気は新築住宅で起こるシックハウスの抑制、換気不良に起因する結露、カビの発生を防止するため重要である。

* 換気の重要性から換気ファンは常に運転しておく。

* マンションの上層階ほど風が強く吹く。

* 強い風は室内の換気を促し、室内に湿気がたまるのを防ぐ効果がある。

* 階数により眺望の良し悪しが決まり、日照は方位に大きく影響される。

* マンションの周囲の状況は、将来にわたってそのままとは限らない。

 

2.マンション内の騒音

* マンション内の騒音は大半が直上階からの音であるが、止む無く生じる短時間の騒音なら、共同生活をする上で許容できる範囲。

* ピアノなどの音は常識の範囲内で弾く分にはトラブルは起きない。

* 趣味で騒音、振動、異臭などを反復、継続して発生させる行為は禁止である。

* 受電盤、電気室、エレベータ機械室からの騒音はトラブルになることもある。

 

3.ペットの飼育

* ペット飼育可、不可のマンションがある。

* ペット飼育可マンションでもトラブルが起こる。

* ペットを飼っている、飼育する予定があるのなら、ペット飼育可、ペットが好きでないならペット飼育不可のマンションを選ぶ。


△ページトップへ戻る

1.階数による住み心地

1)防犯からみた安全性

ニュースによると、不審者がバルコニーの壁、排水管、隣接した樹木をよじ登りマンションの3階へ侵入し犯罪を起こした例がある。

同様にマンションの1階は、洗濯物の有無、照明の点灯などから居住者の不在が分かるため、空き巣に入られやすいとよく耳にする。

また、外からバルコニーに干した洗濯物が見えるマンションは洗濯物の盗難もある。

 

ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣常識を超えたマンションベランダからの侵入事件!~窓の無施錠が引き起こす結末! 2016713

http://kateibouhan.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

 

最近のマンション犯罪の手口として、不審者はエントランスに設置された監視カメラを避けるため、バルコニー側から侵入し無施錠の窓を開ける、窓ガラスを割るなどの方法により室内へ押し入る。侵入後は玄関側の共用通路を使いドアの鍵がかかっていない部屋を片っ端から荒らしていく。

 

マンションの住民は、玄関の鍵をかけるわずらわしさを嫌い普段から鍵をかけない住民も多い。特にオートロック付きマンションの住民は、不審者は自分の部屋には入り込まないとたかを食っていると空き巣、盗難、痴漢の被害者になるかもしれない。

オートロック付きのマンションといえども、居住者自らが防犯意識を持ち、対策を怠らないようにしたい。

 

防犯対策として、玄関のドア、バルコニーの窓の鍵は、居住階数に関係なく在室、外出時ともきちんとかけておこう。

また、ドアチェーンは訪問者を室内に入れない程度の防犯性能しかない。

ドアチェーンは鍵がかかっていない(ドアがすこし開いた状態)と外から簡単に解除できるので、在宅時はドアの鍵と一緒にドアチェーン(ドアガード、U字ロックを含む)もかけることを忘れないように!

 

iemo、ドアチェーンは外から解除できる!?玄関防犯の落とし穴、2016628日、  

https://iemo.jp/28959


Iemoを運営しているDeNAは、情報まとめサイト9つへの広告収入を増やし稼ぐため、グーグルの上位にこれらのサイトが掲載されるよう、キーワードを操作したり、他のネット情報を盗用するなど繰り返してきた。

 

これらの行為は会社の編集方針に基づいておりネットユーザを騙す企業犯罪である。

DeNAは設立当初から、コンプガチャを取り入れ子供からお金を巻き上げる悪徳会社と言われ、モラルを無視した経営を続けてきた。

その後もDeNAは儲かることなら何でも手をだし、遺伝子キットの検査、電気自動車などに展開しているが、いずれもうさんくさく、金の臭いがプンプンしている。

 

もはや、ネットを最大限利用し、様々な手法を駆使してネットユーザを騙し続けるDeNAを存続させてはいけない。

日本人としてDeNAが東証1部に上場していることは恥ずかしい。

 ★日本経済新聞、DeNA、9情報サイト休止 検索上位狙い編集歪む、2016122

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10191570S6A201C1EA1000/

 

★人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン、雑情報 (43)   ネットのゲーム詐欺、個人情報流出を防ぐ、2012 528

http://composttec.blog.fc2.com/blog-entry-132.html

  (2016年12月2日追記)


2)居住性(暑さ、寒さ)

暑さ、寒さの観点からマンションの階数は3つに区分けできる。

 

①最上階(最上階の他に、部屋の直上が屋根、ルーフバルコニーも含む)、

1階 (地面に接している)

③中層階(上記以外の上下階に挟まれている)

 

①最上階

マンションの最上階では、室内はコンクリート屋根と防水シート(一部断熱材を使っている)により屋外と隔てられているだけである。

夏場は直射日光がコンクリートを加熱するため、日中の室内は灼熱地獄となる。日没後もコンクリートに蓄熱された熱が徐々に室内へ移行するため、夕方から明け方にかけても暑いままである。

 

冬場、関東地方、瀬戸内海地域のように晴天が続く地域は、日中太陽の熱により温かいが、日没とともに急に寒くなる。その他の日照が少ない地域はコンクリート屋根を通して室内の熱が逃げていくため一日中寒い。

 

このため、最上階の部屋で快適に過ごすためには、エアコンなどの光熱費がかさむこととなる。

 

★ももねいろ、マンション最上階に実際に住んでわかったメリットとデメリット。イメージだけで家を選んではいけない、2016426日、

http://momonestyle.com/i-was-good-to-buy-an-apartment-top-floor

 

②1階

夏季、1階は地面からの照り返しが強く、熱気が窓やコンクリートの壁を通し入り込むため室内は暑い。

冬は室内から地面への放熱が多く上層階より寒い。

これらから、1階は最上階同様、夏の暑さ、冬の寒さが増幅される特有の要因により、エアコン代などが中層階より余分にかかる。

 

③中層階

中層階は上下階、両隣(角部屋は除く)ともにコンクリート天井、壁で隔てられており、外部と接するのはバルコニー、玄関側の壁、窓だけである。

上下階、隣室の空間(空気)は良い断熱材の役目を果たすので、熱の出入りが少ない。

加えて、夏は上下階のエアコンの冷房、冬は同様に他室の暖房を享受できるため、年間を通しエアコン代を節約することができる。

 

ネット上の情報によると、最新のマンションは断熱設計、施工がされており、最上階は通風がよいため、窓を開け放しにできるので夏でも暑くないとのコメントもあるが、まれなケースである。

 

猛暑が続く夏はどの階に住んでいようと窓を開けて過ごすのは難しい。

窓を締め切った最上階は蒸し風呂状態のため、エアコンを稼働させることでやっと快適に過ごせる。

 

YOMIURI ONLINE, マンション最上階の皆さま、この時期お部屋は暑いですか? 2012831日、

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0831/536276.htm

 

3)居住性(湿気)

①排水が悪い地域を避ける

マンションの周辺、地勢が河川に近い、地下水位が高い、裏手に高台がある、地盤が低く大雨の時にまっさきに道路に水がたまり、排水溝から雨、汚水があふれてくる、樹木、石にコケが生えているなどが見られたら、その地域は湿気が高いので、避けたほうが望ましい。

 

②マンションの1階、角部屋、北側は避ける

密閉性が高いマンションは、湿気が下方、空気がよどんだ箇所に溜まりやすい特性から1階は湿度が高くなりがちである。室内の壁の下、押し入れに保管していたカバンなどにカビが生えたなどと良く聞く。

 

また、マンションの角部屋、とりわけ北側の部屋は雨季、冬季に結露しやすいためカビが発生しやすい。

 

湿気が高い日本はマンションの長所となっている密閉性の良さが逆に作用し、一旦室内の湿度が高くなると湿気を逃しにくくなる。

湿気防止の対策として、時々窓を開け換気をする、常時換気ファンを設備する、除湿機を使う方法がある。

 

これらから、マンションを購入する際、原則1階は避ける。

2階より上の部屋を買う場合、角部屋、北向きの部屋なら、雨季、冬季にはなんらかの結露対策を行わないとカビが発生するおそれがあることを知っておこう。

 

YAHOO!知恵袋、マンションの一階はカビが生える件について、2011823

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1369576808

 

★カビイヤーライフ、マンション1階の角部屋はカビがひどい?原因に湿気予防対策
   
2016313    http://kabi-yearlife.com/archives/237

 

4)居住性(人の気配、覗かれるおそおれ)

①人の気配

マンションの1階は道路側から覗かれているかもと気になる。

格子状のバルコニー、専用庭が生垣で囲われている1階は、前を通る人から覗かれるおそれがある。

 

そのため、1階の住民は専用庭があるのに洗濯物を室内干しにする、洗濯乾燥機を使わざるを得ない上、室内を見られないようにレースのカーテンを閉めている。

 

また、玄関側に面した部屋はマンションの全住民が1Fの共用通路を通り(エレベータがエントランスに直結している場合は除く)なんとなく気になる。

1階以外の部屋の前はその階の住民以外は通らない。

 

いずれにしろ、共用通路に面した部屋は人から見られることがあることから、常にレースのカーテンを閉めている。いわゆる、死に部屋(有効に使うことができない部屋)と呼ばれ納戸、寝室などにしか使えない。

 

YAHOO!知恵袋、死に部屋って、2009217日、

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1223286482

 

②隣接した建物から覗きこまれる

高層階の住民は、周囲から覗きこまれるおそれがなく昼夜を問わず、カーテンを開けっ放しにして過ごすことができる。

 

下層階は常に周囲から見下ろされている感があり昼間はレースのカーテンを閉めている。従来のレースカーテンは夜に電気を点けると外部から室内が丸見えとなるため、カーテンを閉めないと過ごせない。ミラーレースカーテンに付け替えると昼夜を問わず外から室内が見えることはない。(2024年1月17日追記修正)

 

隣接して築物がない場合、低層階に住んでも圧迫感はなく見られる懸念もないが、建物が近接していると、隣接した建物と同等かそれ以上の階数に住まないと常に覗きこまれる可能性があるため居住性が劣る。

 

特に、家族が常に居るリビングは一般に日当たりのより南向き(南東、南西を含む)なので、南側に高い建物がないことが条件となる。

ただし、南側に建物があっても50m以上離れるとたいして気にならず、100m離れるともはや建物は無いに等しい。

 

5)居住性(換気、通風)

①部屋の換気

健康で快適なマンション生活を過ごすためは、最適な換気が欠かせないため、建築基準法にマンションの最低換気風量などが定められている。

部屋の換気は、新築住宅で起こるシックハウスの抑制、換気不良に起因する結露、カビの発生を防止するため重要である。

 

マンションには必要換気量を確保するため、常時換気設備(換気ファンを24時間稼働)が設置、運転されている。

換気の重要性から、換気ファンは常に運転しておこう。停止してもわずか数百円/月の電気代しか節約できない。

 

★三菱電機、必要換気量の求め方、((20161124日)、

http://www.mitsubishielectric.co.jp/ldg/ja/products/air/lineup/industrialfan/knowledge/ventilation_01.html

 

★エネチェンジ、換気扇は電気代を気にせず24時間回しっぱなしでOK

 2016913日  https://enechange.jp/articles/ventilating-fan

 

②上層階ほど通気性が良い

マンションの上層階ほど風が強く吹く。

海岸沿いのマンションには海風が吹きつけ、都会のビル街はビルの間を通り抜けるビル風が吹く。

 

強い風は室内の換気を促し室内に湿気がたまるのをなくす効果があるため、室内は乾燥気味となる。

 

しかし、上層階の通気性の良さにも欠点がある。

中高層階のバルコニーで育てている植物は、強風に吹きさらされ、葉がこすれてボロボロになる、植物が風下側に傾いて成長するなどは日常茶飯事である。

台風の襲来時、玄関のドアを開け閉めする際、突風によりドアがあおられ手をはさむ、締めづらいことがある。更に冬場になるとドアの隙間から室内へヒューヒューと音をたてて風が吹き込んでくる。

 

いずれもちょっと対処するだけで改善できる。ドアの上部に取り付けてあるドアクローザーの開閉スピードを調整しゆっくり閉まるように調整する、ドア枠に取り付けられ、長年使われへたってしまったパッキンを新品に交換をするだけである。

 

6)居住性(眺望、日照)

マンションの階数により眺望の良し悪しが決まる。

階数が高いと空が広く眺望が良く、低いとバルコニーから見える風景は隣の建物ばかり。

眺望はマンションの階数とその周りの建築物との距離、高さ関係により決まる。

 

日照も眺望と同様、階が高いほど部屋に入り込む日照時間が長くなり、快適に過ごせ、特に家庭園芸家にとって、日照時間が長いと四季を通じて多様な植物を育てることができる。

 

日照はマンションの方位に大きく影響される。

東向きの部屋は午前中は太陽が射すが、午後は日蔭となり、西向きの部屋は逆となり午前中は日蔭、午後から日が当たり、とりわけ夏場は西日を強く感じる。

 

7)将来の予想

マンションの周囲に高い建物はなく広々とし、景観が良くて過ごしやすくとも、将来にわたってそのままとは限らない。

 

周囲の古い一軒家、低層の建築物は、取り壊され周囲の土地と合わせ高層建築物が建つかもしれない。

隣接した空き地が駐車場の場合、すぐに建築物を立てられる状態なので明日にでも、くい打ちが始まり、建築工事が始まるかもしれない。

将来は誰にも予測できない。

 

 

2.マンション内の騒音

1)大きな生活音

①常識の範囲の生活音

マンション内の騒音は、大半が直上階からの音である。

だれしも、生活している中で、物を誤って床に落とし大きな音を出した、部屋の中でDIYをする際に工具を使う際に音がする、部屋の模様替え、家具、家電を修理する際の騒音など、止む無く生じる短時間の騒音なら、共同生活をする上で許容できる範囲である。

 

②ピアノなどの音

ピアノ、楽器を弾く際、マンション住まいでは防音対策を行っていない限り、周囲へ音が伝わる。

楽器を使用する場合、窓、ドアはきちんとロックし音が漏れにくいようにするのみならず、練習、演奏時間を決め、日中から遅くとも夜の7時頃の時間帯のみとするのは、常識である。

 

CDプレイヤー、コンポステレオなどで音楽を聴く時は、外部へ大きな音が漏れないように音を抑える。早朝、深夜には音を絞る、ヘッドホンで聴くなどの配慮もマンション住まいなら当然である。

 

③趣味、業務の騒音

マンションの部屋を趣味(業務)のため、例として電動工具を用い騒音を日中のかなりの時間発生し続けるなら、マンションの居住条件に合わないのでやめるべきである。

 

騒音、振動、異臭などを反復、継続して発生させる行為は、マンション内で行わず、別途それを使える建物、部屋を確保して行うべきである。

 

2)設備からの騒音

マンションの受電盤、電気室、エレベータ機械室からの騒音

マンションに設置されている受電盤、電気室、給排水ポンプ、エレベータ機器は1階部あるいは最上階に設置される。

 

一般的にマンションは、これらの電気設備、ポンプ、電動機などを強固なコンクリート基礎に防振対策を施した上で、必要に応じ騒音対策のためコンクリート室内に設置しているため、トラブルの発生はない。

 

しかし、受電盤設備は常時耳に聞こえない低周波を発生、給排水ポンプ、エレベータ巻き上げ機は起動・停止のたびに騒音が発生するため、設置場所によっては周囲に騒音トラブルを起こすことがある。

 

★マンションの低周波騒音被害、20121014日、

http://www.gem.hi-ho.ne.jp/kazu-m/

 

 

3.ペットの飼育

1)ペット飼育可、不可のマンションがある

古いマンションは、管理規約にペット飼育が不可、あるいは記載がないケースが多い。

新しいマンションは中小型犬、小さな動物の飼育は専有部分内に限り許可している場合が多い。

 

最近、ペットを飼う家庭が増えたこと及びマンション販売会社が売りやすくするため、マンション購入者の管理組合が発足する前にペットの飼育を可としている。

 

2)ペット飼育可マンションでのトラブル

マンションの室内でペットを飼うと部屋の壁、天井、床にペット独特の臭気がしみつく。飼い主はペット特有の臭気に慣れてしまい悪臭とは感じないが、部外者は玄関を開けた瞬間に動物の臭いとわかる。

 

マンション内のほとんどのペット飼育者は、糞はビニール袋で集め処理しているが、一部のマナー違反の世帯がいると、共用部分の通路、エレベータ内、エントランスにペットの糞をそのまま放置し、他の住民とトラブルになる。

 

ペット飼育可のマンションであっても、共用部分でペットがした尿はほとんどそのままなので、エレベータ内などに動物の尿の臭気が漂うことがある(消臭剤をかけて臭いを分解させる、別の匂いでごまかしても、多少は臭う)。

また、ペットの抜け毛が共用箇所に落ちている、犬嫌いには中大型犬に出くわしたときにかみつかれるのではないかとの恐怖感もある。

 

★おうちマガジン、マンションでのペット飼育 なぜトラブルが絶えないのか?

20141027日 http://realestate.yahoo.co.jp/magazine/khiraga/20141027-00000001

 

3)ペット飼育の可、不可は選定条件として重要

これらから、ペットが好きでない、ペットの臭いが気になるならペット飼育不可のマンションを選ぶとトラブルに合う事もなく、ストレスがたまらない。

 

ペットを飼っている、飼育する予定があるのなら、ペット飼育が許されるマンションを選定しなくてはならないし、ペットが好きでないならペット飼育不可のマンションを探そう。

 

★雑情報 (15) ペットを飼いたいと考えたら読んでみよう。ペットを飼う場合の注意点、200963日  http://composttec.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

 

★雑情報 (15-4) ペットをめぐるトラブル&最新情報、2012523日 

http://composttec.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

 

 

参照資料

雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌などの出典元、年月日、タイトルを載せる。

 

★防犯泥棒大百科、マンションの防犯対策、(20061129日)

http://www.hanzai.net/mansion/

 

★彩 on your world、空き巣被害マンションで増加!手口と対策は?

20061129日)  http://irodoriworld.com/archives/2571

 

★住まいサーフィン、「最上階住戸」の「盲点」2009217

https://www.sumai-surfin.com/member/wmbbs/wmbbs.php?b=50&o=215

 

SUUMOジャーナル、マンションの最上階は、他の階よりも暑いってホント!?検証してみた、2013813

http://suumo.jp/journal/2013/08/14/49977/

 

All About、マンションでカビが発生しやすい場所と家具配置、2015630

https://allabout.co.jp/gm/gc/456275/

 

★住適空間、マンション1階の住みごこち、(20161129日)

http://www.sutekicookan.com/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%91%E9%9A%8E%E3%81%AE%E4%BD%8F%E3%81%BF%E3%81%94%E3%81%93%E3%81%A1

 

★ウィキペディア、シックハウス症候群、(20161129)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

 

Sumai, 効率の良い部屋の換気方法を知ろう、(20161129日)

http://www.yks.co.jp/php/leaflets_detail.php?id=119

 

YOMIURI ONLINE, マンションの24時間換気、2011214

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0216/387237.htm

 

★ウィキペディア、ビル風、(20161124日)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E9%A2%A8

 

★榊淳司 マンション格差 講談社現代新書 2016106

 

△ページトップへ戻る
  1. 2016年12月01日 10:01 |
  2. 中古マンション (購入)