今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

朝鮮人が平気で嘘をつくのは儒教の徳治主義、避諱(ひき)の観念、神が存在しないことに起因する

 

20141013

韓国情報 (2)

  朝鮮人が平気で嘘をつくのは儒教の徳治主義、避諱(ひき)の観念、神が存在しないことに起因する

 

要旨

1.朝鮮人の特異な思想

* 朝鮮人の思想は、長年中国の属国として虐げられた歴史の影響を強く受け、世界に類をみない特異性を放つ。

* 儒教が朝鮮人の思想、行動に影響を与えている4つの要因。

1は、儒教の根幹をなす上下関係。

2は、上下関係同様、儒教の根幹となっている徳治主義。

3は、避諱(ひき)の概念。

4は、儒教には神が存在しない。

 

2.儒教の徳治主義により、良い結果しか認めない社会を生んだ

* 上位者には徳があると考える徳治主義。

* 徳治主義では、上位者は良い結果しか出してはいけない。

* 上位者(王や大統領など)は徳があるとみなされているため、どのような手段、方法を使ってでも良い結果を出さねばならない。

* 悪い結果は徳治主義では起こりようがない/起こってはいけないため、常に良い結果となるよう、嘘、ねつ造、不正、不法行為が続く。

* 徳治主義は、結果が良ければすべて良い、結果が出るまでの努力、継続などの過程は重要視しないとの考えであり、現在の成果主義そのもの。

 

3.朝鮮人はなぜ息を吐くように嘘をつくのか

* 朝鮮人が平然と嘘をつき、不正を当たり前のように行う理由は二つ。

* 一つ、中国の属国として虐げられてきた朝鮮人が生き延びるための自衛本能。

* 二つ、儒教の「避諱(ひき)」の観念“家族や国家のためなら嘘をつくことは善行で許される”との概念。

* 韓国の学校教育では、日常的に嘘、不正が行われているため、「人に騙されないようにしよう」と教わる。

 

4.儒教には神が存在しない

* 儒教を信奉している朝鮮人は、神が存在しないため、嘘をつく、悪いことしても罪悪感を持たない/持つこともない。

* 韓国のキリスト教徒は人口の30%を占めるが、韓国のキリスト教は経済的利益を得る傾向が強く、倫理観が欠如している。


△ページトップへ戻る

1.朝鮮人の特異な思想

1)朝鮮人の考えは中国の属国だった歴史を知れば理解できる

朝鮮人の思想は、長年中国の属国として虐げられた歴史の影響を強く受け、世界に類をみない特異性を放っている。

 

前回の韓国情報(1)において、3つの特異性、①小中華主義、②事大主義及び③儒教の影響を紹介した(図1)。

 

★韓国情報(1)2014929日、韓国の反日行動は、韓国が長年中国の属国だったことに起因する

http://composttec.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

 

その中の③儒教の影響では、上下関係、ランク付け、自分の立ち位置を知るなどを挙げた。

 

 141013中国の属国 

今回、韓国人といえば、日本人が真っ先に思い浮かぶ“平気で嘘をつく朝鮮人(韓国人)”は、儒教の影響によるものとわかった。 

 

2)儒教が朝鮮人の思想、行動に影響を与えている

朝鮮人の思想、行動に儒教が強く影響を与え、国家の政策、社会構造、国民の意識にその断片が表れている(図2)。

 

儒教が朝鮮人に与え続けている内容は、大きく4つある

1は、儒教の根幹をなす上下関係である。上下関係の詳細については、既発行の韓国情報(1)を参照。

 

2は、上下関係同様、儒教の根幹となっている徳治主義がある。上位者である王、大統領などには徳がある、良い結果こそ正義、嘘をついても不正をしても良い結果を出すのが正義、法律より徳を優先するのが徳治主義。

 

3は、避諱(ひき)の概念。家族、国家のためには嘘も善行との教えであり、朝鮮人が罪悪感を持たずに平気で嘘をつく原点は避諱にある。

 

4は、儒教には神が存在しないため、嘘、不正をしても、悪いことをしているとの罪の意識、倫理観をもたない。

 

以降に、第24について詳細を示す。
 141013儒教の影響

 

2.儒教の徳治主義により、良い結果しか認めない社会を生んだ

1)上位者には徳があると考える徳治主義

儒教には上位者、年長者を敬い、従い、序列を重んじるが、その元となるのは徳治主義である。

 

徳治主義とは、上位者には徳がある、すなわち上位者の行動、言動は正しい、正義のため、おのずと良い結果となるとの考えが根本にある。一番徳があるのは、朝鮮王朝時代は王、現在は大統領である。

 

言い換えれば、王や大統領は最高の上位者なので徳があり、政治や物事は良い結果となる/なるはずであると考える。

 

2)徳治主義は良い結果しか出してはいけない

物事はいつもうまくいくこととは限らない。予想に反し、うまくいかないことがあることは誰もが経験している。

 

徳治主義において、政治や物事がうまくいかない場合、上位者、すなわち、王や大統領、その他会社のトップ、上司などに徳がないからとみなされる。

しかし、上位者(王や大統領など)は徳があるとみなされているため、どのような手段、方法を使ってでも良い結果を出さねばならない。

 

そのため、上位者はうまくいかない事態が起こらないよう嘘をつく、ねつ造、不正、不法行為などを行ってでも良い結果をだす、悪い結果は隠す、なかったことにするなどして対応し、うまく騙してきた。

このように、騙しても結果がよければ上位者は偉い、騙した方に徳がある、立派であるとなれば、国民全員が嘘をついても利益や得になるのが良いとの考えが根付くのは当然であろう。

 

悪い結果は徳治主義では起こりようがない/起こってはいけないため、常に良い結果となるよう、嘘、ねつ造、不正、不法行為が続く。

 

言い換えれば、徳治主義は、結果が良ければすべて良い、結果が出るまでの努力、継続などの過程は重要視しないとの考えであり、現在の成果主義そのものである。 

 

3.朝鮮人はなぜ息を吐くように嘘をつくのか

現在に至っても、朝鮮人が平然と嘘をつき、不正を当たり前のように行う理由には2つある。

ひとつは、中国の属国として虐げられてきた朝鮮人が生き延びるための自衛本能。

もうひとつは、朝鮮人の精神のよりどころとなっている儒教の「避諱(ひき)」の観念“家族や国家のためなら嘘をつくことは善行で許される”との考えがあげられる。

 

これらから、朝鮮人(韓国人)は、世界中に嘘、ねつ造をまき散らし、当たり前のように不正、不法行為を行っている。

 

1)自衛本能として嘘をつき、不正を行う

朝鮮王朝(李氏朝鮮)時代は、身分制度が厳格かつ差別がひどく、上位者は下位を物や奴隷のように扱う社会だった。王族と支配階級の両班(やんばん)、中層階級の中人(ちゅんいん)は、下層階級の常人(さんいん)、賎人(ちょんいん)を徹底的に虐げていた。

 

庶民は身分差別による抑圧、過酷な状況から逃れるため、嘘をついてしのぐしかなかった。

「今だけ取り繕えば」「うまくこの場を切り抜ければあとは何とかなる」との意識は代々朝鮮人に受け継がれ、自分にとって都合の悪いこと、不利な事から逃れるために平気で嘘をつき、裏切りをするようになった。

 

下層階級は虐げられている身分から脱出するため、身分のねつ造、身分の売買などの不正を行い徐々に上位の身分を獲得していく。その結果、両班階級は朝鮮王朝初期に3%しかなかったのに、末期には名目上の両班が50%程度まで増えていた。

 

中国の属国だった朝鮮が存在し続ける、庶民が生き長らえるために嘘をつく、友人や家族を裏切る、不正をすることはやむを得ない選択だった。

自衛本能として染みついた平気で嘘をつく、不正をすることが、いつのまにか朝鮮人のDNAとして代々引き継がれていくこととなった。

 

2)儒教の「避諱(ひき)」の観念が嘘つきの原点

朝鮮人は、儒教の教えの「避諱」の観念を持っている。

「避諱」とは、“家族や国家にとって都合の悪いこと、不名誉なことは隠すのが正義となっており、そのための嘘は許されるのみならず良い行為とみなされる”ことである。

 

“家族や国家のためなら嘘をつくことは善行なので許される”との「忌避」の概念は、現在の朝鮮人にも引き継がれ、かつ拡大解釈され、家族や国家のためだけでなく日常的に嘘をつくようになった。

 

3)韓国の学校教育では、人に騙されないようにしようと教わる

韓国の学校教育では、「人に騙される人間になってはいけない」と教わる。現在、韓国は大統領を筆頭に閣僚、官僚から一般庶民まで平気で嘘をつくので、「人に騙されないように気をつけよう」となっている。

 

翻って、日本では「嘘つきは泥棒のはじまり」「嘘をついてはいけない」と幼児期から一般常識、道徳として誰もが身につけている。

 

嘘をつく、不正により人や社会を騙すのは当たり前、騙されないように注意しないと生きていけない/共存しなくてはならない社会には住みたくないし、関わりたくない。

  

4.儒教には神が存在しない

1)儒教には神がいないため、嘘をつく、不正をするのに罪悪感をもつことがない

日本人は、特定の宗教を信仰していなくとも、嘘をつく、悪いことをすると、「神様が見ている」「おてんとう様は知っている」「天罰が当たる」などにより嘘をつかない、不正をしないよう自ら律している。

 

世界で広く普及しているキリスト教、イスラム教は人知を超えた神が存在し、「神が天上から見ているので罰が下る」との宗教心に基づく倫理観を持っている。

 

しかし、儒教には神がいない。

儒教を信奉している朝鮮人は、神が存在しないため、嘘をつく、悪いことしても罪悪感を持たない/持つこともない。

 

2)韓国のキリスト教は経済的利益を得る傾向が強く、倫理観は欠如

現在、韓国はキリスト教徒が人口の30%を占め、アジアではフィリピンに次ぐ信徒数となっている。韓国のキリスト教の普及は、1945年にアメリカが朝鮮を統治した時期に宣教師により普及活動が始まった。

属国としての歴史しかなかった朝鮮人にとってキリスト教は魂の救済として受け入れられたようである。

 

韓国のキリスト教は経済的利益を得るために祈る傾向が強く、神の前では平等であるべきなのに儒教の上下関係が色濃く残り、儒教の法事(チェサ:家族があつまり先祖を供養する風習、年に6回ほど行うが手間、費用がかり大変)をしなくても良いなど実利的な理由により広まったため、キリスト教の倫理観は身についていない。

 
 

参照資料

雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌などの出典元、年月日、タイトルを載せる。

 

全体

★歴史通、この1冊で韓国問題丸わかり! なぜ、この国は平気でウソをつくのか、20145月号増刊、890

 

READ JAPAN、韓国を嫌うのが正しい50の理由、MONOQLO 20147月号増刊、756

 

SAPIO 201212月号、韓国が背負う「負の代償」、680

 

WAC新書、呉善花(オ・ソンファ)、虚言と虚飾の国・韓国、966

 

★産経セレクト新書、室谷克実、呆韓論(ぼうかんろん)、950

 

2.儒教の徳治主義により、良い結果しか認めない社会を生んだ

★日本神話・神社まとめ、徳治主義

http://nihonsinwa.com/page/704.html

 

3.朝鮮人はなぜ息を吐くように嘘をつくのか

★韓国歴史ヒスとリア、朝鮮王朝の身分制度

http://韓国の歴史com/mibun/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E3%81%AE%E8%BA%AB%E5%88%86%E5%88%B6%E5%BA%A6/

 

MIZUNAの部屋、韓国人は嘘をつくことにより生き延びてきた

http://mizunamayuneko.blog.fc2.com/blog-entry-1013.html

 

★ヤフー知恵袋、韓国人・中国人はなぜ嘘ばかりつくのですか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1373474928

 

★教えて!goo、韓国人や在日朝鮮人はなぜ嘘つきでだましてばかりか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7028720.html

 

★ヤフー、知恵袋、中韓はウソにまみれた「避諱(ひき)」の国 (元高校校長・一止羊大),2013420日、産経新聞から転載

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n185954

 

★韓国人や中国人が平然とウソをつくのはなぜなのか?  儒教の価値観 「避諱(ひき)」

http://gofar.skr.jp/obo/?p=6792

 

★韓国人が嘘をつく理由

http://nihonsinwa.com/page/860.html

 

4.儒教には神が存在しない

★日本神話・神社まとめ、儒教には神がいない。だから嘘に罪悪感を抱かない。

http://nihonsinwa.com/page/881.html

 

★日本神話・神社まとめ、ローマ法王の発言の意味 韓国セウォル号沈没事故に対する

http://nihonsinwa.com/page/752.html

 

★ヤフー!知恵袋、韓国でキリスト教信者が多い理由はズバリ何ですか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1058189435

 

★韓国の文化、祭祀(チェサ)について

http://sushiru.k-server.org/index11.html

 

韓国に嫁いだ日本人主婦のつぶやき嫁泣かせのチェサ(法事)

           http://ameblo.jp/leemmm/entry-11034871264.html


△ページトップへ戻る
  1. 2014年10月13日 23:59 |
  2. 韓国・中国(反日 ドラマ)