今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

ライフプランの追加資料5、健康維持のための新情報

2008915
ライフプラン(6-6
   ライフプランの追加資料5、健康維持のための新情報
 
1. 概要
この1年ほど、団塊の世代の高齢化に伴い医療費の増大に歯止めをかけるべく、予防医療の見地からメタボ検診が始まった。また、新聞、テレビなどのマスコミでも健康、病気、医療に関するニュース、記事、番組が増加している。
 
国民全体が自分の健康に関心を持ち、病気にかからないような予防的な食生活、日常行動、環境改善や定期的な健康診断の受診、結果に基づく生活改善、運動、早期治療などで、本人にとって高齢者になっても、健康で過ごすことができる仕組みづくりが始まったばかりである。
 
 
2. 寿命
1)  日本人の平均寿命
今年も日本人の平均寿命が男女とも男性で0.18歳、女性で0.19歳延びて、男性の平均寿命は79.19歳、女性は85.99歳となった。もちろん世界一の長寿国である。
信長の時代には人生50年しかなかった*1)のが、戦後は60代となり、現在は80代と時代を経るたびに伸びている。人間の限界寿命は110120歳といわれており、3大疾患のがん、心疾患(心筋梗塞など)及び脳血管疾患(脳梗塞、脳卒中など)が撲滅できると限界寿命に更に近づくことができる。
 
*1) 人生50年
織田信長が桶狭間の戦いの出陣の際、能の「敦盛」を謡ながら舞った一節には、「人間五十年、下天(げてん、天上界の中で最も下の天)のうちを比ぶれば、夢幻(ゆめまぼろし)の如くなり。ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」
意味は、「人間の一生は天上世界の流れと比べるとわずか50年の短い時間に過ぎず、夢や幻のようなものである。世の中に生をもって生まれてきたものは、すべて滅びてしまう運命にある」
 
2)  ゾウの時間、ネズミの時間
寿命に関しては1995年に発行されその当時のベストセラーなった本川達雄著の
「ゾウの時間ネズミの時間」*2)を思い起こすかもしれない。
その中で、寿命は体重が大きな生き物ほど長生きすると述べていた。ネズミは23年の寿命なのに、ぞうは70年である。人間はこの法則の例外的な生物で法則では26年の寿命であるが、実際は60年以上の寿命がある。
 
*2) ゾウの時間、ネズミの時間
「ゾウの時間 ネズミの時間」―サイズの生物学 (中公新書) 714円には、いろいろなサイズの生物の寿命のデータを集め、生物の体重と寿命、心拍数などの関係を説明している。
 
3)  おまけの人生
人間、単に長生きできても、歩行が自由にできずに外へ出かけることができなくなったり、家庭や病院のベッドで一日を過ごしたり、痴呆老人のように自分の行動を自分で判断、行動できなくなった状態になると、単に生きているだけで、健康的に過ごしているとは言いがたい。
 
よって、健康的に長生きするのが、自分や家族、社会にとって望ましい方向であろう。
添付の あっとホーム こだわりアカデミー ゾウの時間・ネズミの時間には、著者との対談が記載されており、本の概要、生物として次の世代へ子育てを終わったあとの「おまけの人生」をどう生きるべきかが参考となる。 
 
っとホーム こだわりアカデミー、1995年8月号  ゾウの時間・ネズミの時間
      http://www.athome-academy.jp/archive/biology/0000000104_all.html
 
4)  寿命を大きく左右するもの
寿命を大きく左右するものとして
a)たばこ------------------ 吸わない
b)アルコール------------ ビール中瓶/日以内
c)歩行時間-------------- 1日1時間以上
d)体格-------------------- やせすぎでも太りすぎでもない
4つがあり、これらのうち、1つが該当しないと、男性で2.8年、女性で4.8年寿命が短くなるとの統計的なデータが得られた。
 
このたった4つの生活習慣を維持するだけで、労せずして長生きが可能である。
世の中に氾濫している、サプリメント、健康法などに惑わされることなく、基本的なこの4つの生活習慣を続けよう。
 
また、食文化として、日本と同様な長寿国(男性での長寿国の順位は、アイスランド、香港、日本、スイス、フランス、女性の長寿国の順位は日本、フランス、イタリア、スペイン)はヨーロッパに多いことから、欧米型の食事が長寿の源になっているようである。肉、乳製品など動植物たんぱく質や脂肪を取り(欧米型の食事)、かつ日本在来の食生活の米を主体とし、野菜や果物などをたくさん食べよう。
 
 
2. メタボ健康診断
4月から生活習慣病(糖尿病、肥満、高血圧など)につながるメタボリックシンドロームを健診(特定健診・特定保健指導)する、いわゆるメタボ健診が始まった。
 
メタボリックシンドロームの診断基準は
a)ウエスト周囲径:男85cm以上、女90cm以上
b)高脂血症         :中性脂肪値150mg/dl以上、
                              HDLコレステロール値40mg/dl未満の一方、又は両方
c)高血圧             :収縮期血圧130mmHg以上、又は拡張期血圧85mmHg以上
d)空腹時血糖値  110mg/dl以上
 
a)に加えて、b)からd)のうち2つ以上に当てはまる場合
 
メタボ健診の基準値をめぐっては、数値がおかしい、メタボ診断は予防医療による医療費削減より医者をますます富まし医療費が増加するとかさまざまな見解が錯綜している。
 
生活習慣病の原因のひとつとして睡眠不足がある。生活習慣病にならない、生活習慣病から脱却するためには、毎日67時間の睡眠が必要である。前期の寿命を大きく左右するものの5番目に睡眠時間が加わる。
 
 
3. 最新の健康情報
1)  ビタミンEの過剰摂取は有害
ほんの数年前まで、ビタミンEは健康に良く、その過剰摂取の問題はないとの学説が一般的であった。そのため、日本や米国では必要摂取量の10倍以上のビタミンE剤が健康に良いとのことで販売されていたが、最近の各種報告書からビタミンEの過剰摂取は好ましくないとの結論に達した。
  よって、日常生活時のビタミン剤補給としてビタミンEは避けるほうが望ましい。
 
2)  女性とコーヒーの関係
女性はコーヒーを飲むほど子宮体がんのリスクが減るようである。緑茶にはこの効果はない。
ただし、妊婦ではコーヒーを12杯以上飲むと流産の危険性が2倍となる。
                                                    
3)  甘いもののとりすぎは脂肪肝の危険性
脂肪肝の原因としてアルコール以外(非アルコール性脂肪肝)に過剰の甘いものの摂取がある。
食生活において、なにごともほどほどにすることが重要である。
 
4)  ビタミンB群、心筋梗塞を抑制
レバー、ホウレンソウに多く含まれるビタミンB群(B6,B12,葉酸)は心筋梗塞になるリスクを4割程度減少できる。ただし、ビタミンB群の3種類をバランスよく摂取しないとあまり効果がない。
 
5)  乳製品と病気の関係
乳製品を多く飲食する男性は、前立腺がんのリスクが1.6倍に増加する。
また、乳製品を多く飲食すると脳卒中になるリスクが3割減少する。
ただし、乳製品は骨粗しょう症、高血圧、大腸がんの予防になり、かつカルシウムの補給用の食品として必須のため、この結果だけで、乳製品の摂取を減らすことは、逆に栄養のバランスを崩すこととなるので、従来とおり乳製品を摂取するのが良いようである。
 
6)  短気な日本人男性は心筋梗塞のリスクが低い
欧米の研究ではせっかち、怒りっぽい性格の男性は心筋梗塞のリスクが高いとの結果であったが、日本人男性に対する研究データからは、逆に温和な男性のほうが心筋梗塞になるリスクが1.3倍になるとの結果であった。
日本人女性には性格による心筋梗塞のリスクに差はなかった。
 
 
参照資料
雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌などの出典元、年月日、タイトルを載せる。
 
2.寿命
★日本経済新聞   2008731日   日本人の平均寿命更新 23年連続世界一
                                                          女性85.99 男性79.19
                                                         「三大死因」改善が寄与
 
★日本経済新聞    200817日   老い、15章 
                                                          人間の「限界寿命」は110120
 
★日本経済新聞    2008427日  健康情報を読み解く 
                                                           単純な習慣の良し悪し 寿命を大きく左右
 
★日本経済新聞    2008119日  医食同源 日本人に多いがんを防ぐには 
                         
★日本経済新聞    2008830日  テーブルの栄養学 
                                                           欧米型食事が長寿呼ぶ
 
2.メタボ健康診断
★日本経済新聞    2008512日  夕&Eye ニッキーの大質問 
                                                           メタボ健診って何?
 
★日本経済新聞    2008729日     夕Eye ニッキーの大質問 
                                                           メタボ基準女性に甘い
                                                           男性を上回る「腹囲90センチ」
                                                           多い異論/研究進む
 
★日本経済新聞    2008420日     健康 生活習慣病 睡眠が効く 
                                                           体の調整機構守る働き
 
NIKKEI BUSINESS 2008915 心と体 診察室 
                                                            睡眠不足は生活習慣病を招く
 
3.最新の健康情報
★日本経済新聞    2008420日   健康情報を読み解く 
                                                           サプリメント 多量摂取に警告
 
★読売新聞           200851日    コーヒー飲むほど子宮体がんのリスク減る? 
                                                           緑茶との関連はなし
 
★日本経済新聞    200872日    コーヒー12杯 流産の危険2倍 

★日本経済新聞    20071222日 医食同源 甘い物のとり過ぎ、肝臓に注意

★日本経済新聞    2008527日   レバーやホウレンソウなどのビタミンB
                                                            心筋梗塞抑制

★日本経済新聞    2008416日   乳製品多く飲食の男性
                                                            前立腺がんリスク1.6
                                                            大腸がん予防の報告も
 
★日本経済新聞    2008729日   乳製品で脳卒中予防
                                                            カルシウムを効率吸収、発症リスク3割減

★日本経済新聞    2008718  せっかち怒りっぽい、男性の心臓病リスク低い
                                                        「のんびり、温和」ストレス溜め込む

△ページトップへ戻る
  1. 2013年06月10日 11:22 |
  2. 健康(ライフプラン 保険)