今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

ライフプランの追加資料4、健康維持のための情報入手

20071230
ライフプラン(6-5
   ライフプランの追加資料4、健康維持のための情報入手
 
1. 概要
ライフプラン(6)ライフプランの作成において、自分及び家族の生活設計を立て、それに基づいた数十年にわたる生活態度や資産運用が、老後の生活に大きく影響することを統計的な資料から説明した。
 
人生を長きにわたり過ごしていくためには、健康がまずもって第一の要件である。
 
健康でなくては、いくら資産があっても、名誉があっても、素晴らしい家族をもっていても、本人にとっては心底から楽しむこともできないし、常に病気、最悪の場合には死にいたることへの恐れがあるため肉体的は言うに及ばず、精神的にも健全といえない。
 
「健全な身体に健全な精神が宿る」のことわざは健康な身体でなければ、健康な精神ではないとの訳が一般的であるが、本来の意味は、健全な身体に健全な精神が宿ってくれればいいな・・・との希望で、なかなか健康な精神を得ることは難しいことを示している。
 
それでも、不健康により体の不調を気にする、病院通いをしていては、快適な日常生活とはいえない。身体が不調であると、医薬品代、病院代もかかり余分な出費もかさむ。これらから、自分や家族が健康に過ごせるよう、健康維持のための情報を得、それを日々の生活に生かしたい。
 
 
2. 病気の原因と予防
健康に日々過ごすために、健康を脅かす病気にかからないようにする予防が大事である。
病気には、様々なものがあるが、確率的に発症頻度が小さいものの予防をいくらしても意味(効果)がなく、自分の性別、年齢において罹り易い病気にならないことが重要である。
 
ライフプラン(6-3)(ライフプランの追加資料2、健康維持2007212日発行の 図7-1 性・年齢別にみた主な死因の構成割合
を参照。
 
概要として、2050歳代までは自殺による死亡が多いので、精神的な対応が必要。
50歳代を過ぎると、ガン、脳血管疾患、心疾患が急増する。また女性は30歳代以降ではガン(乳がん、子宮がんなど)による死亡が最も多い。
これらから、30歳代以上の死亡の過半数以上を占めるガン、脳血管疾患、心疾患に罹らない日常生活をおくるにはどうするかが重要である。
 
1)  ガン予防
ガン予防に関する新たな知見が次々と発表されたので紹介する。
 
野菜、果物を食べることは食道~胃がんの発生を抑制する。
運動は大腸がん、乳がん、子宮体がんを抑制する。
肥満とアルコールはがんの発症を高める。
肥満にならないこととアルコールの摂取をほどほどにすることは大切。
塩分過多は胃がん、肉類過多は大腸がんの発生を高める。
 
これらから、食べすぎ、運動不足による肥満とならないような生活習慣が望ましい。アルコールの摂取も過度でないことが望ましい。
 
また、喫煙による肺がんとの因果関係は疫学的に証明されている。喫煙は確実に本人及び周囲の人間を肺がんの罹患率を高めるので、喫煙は止めるか、人がいない場所での喫煙にすべきである。
 
2)  運動
最近病気にかからないために適度の運動が必要であることが強調され始めた。糖尿病予防、がん予防、寝たきり予防、ぼけ防止などに効果あるとされている。
 
運動といってもウオーキングを通して、持久力、筋力、柔軟力、バランス感覚を同時に鍛えることができかつメタボ対策となるのが特徴である。
 
効果のあるウオーキングは単にだらだら歩きではなく、姿勢を正しく、早歩きにより1日に1時間程度行うことが望ましい。
 
 
3. 病気に関する正しい情報
病気や予防に関する新しい情報が日々公開されるので、正しい情報を知ることが肝要である。
 
各種情報から、健康食品、サプリメントなどは効果が疑わしいものがほとんどで、逆に健康に害があるものもあるので、健康食品やサプリメントは無視するが疑ってかかることが賢い選択であろう。
 
健康意識の高まりや有機自然食品への依存、病気にかかるとわらおもすがりたい気分から、得てしてこれらの悪徳商法に引っかかりがちなので十分注意することが必要である。
 
 健康食品などの欺瞞、詐欺的な内容については、
ライフプラン(6-3)(ライフプランの追加資料2、健康維持2007212日発行 2.健康 1)健康情報
を参照。
 
一つの例として、ドリンク剤があり、ドリンク剤の価格は100円から3,000円までの価格差があるが、効能にはほとんど差がない。
消費者は、ドリンク剤メーカの宣伝にうまくおだてられ、効果に差がないものを効き目感のような定量的に数値化できないものでごまかされている。
 
 
参照資料
雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌などの出典元、年月日、タイトルを載せる。
 
2.病気の原因と予防
1) ガン予防
★朝日新聞         20071214日  がんと生活習慣報告書10年ぶり改定
                                                         肥満・飲酒は高リスク
                                                         肉食と大腸がん「関連確実」
                                                         日本人の運動量、目標以下
 
★日本経済新聞   20071222  正しいがん情報見極め10か条
                                                         国立がんセンター カード5000枚作成
 
2)運動
★日本経済新聞   20071021日  健康ウオーキング 4つの効果
                                                         体しなやかに心軽く
 
★日本経済新聞   20071114  健康ウオーキング メタボ対策
                                                         内臓脂肪を減らす
 
★日本経済新聞   20071216  健康ウオーキング がん予防
                                                         高インスリン改善
 
★日本経済新聞   20071223日  健康ウオーキング 寝たきり予防
                                                         早く長く歩く
 
★日本経済新聞   20071230日 健康ウオーキング 認知症予防
                                                         歩く習慣をつける
 
★日本経済新聞   2007915日  ウオーキングの基本
                                                         歩き方次第でいい運動に
                                                         歩幅広げ、膝伸ばす
                                                         体しなやかに心軽く
 
3.病気に関する情報
★日本経済新聞   20071229日  栄養ドリンクとどう選ぶ
                                                         「うたう効果」に大差はなく
                                                         生薬の量で値段に差
                                                         精神的な効果?飲み方工夫を 
△ページトップへ戻る
  1. 2013年06月10日 10:37 |
  2. 健康(ライフプラン 保険)