今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

新年のあいさつ&会社での正しい言葉づかい

201013
雑情報 (25)
    新年のあいさつ&会社での正しい言葉づかい
 
要旨
1. 新年のあいさつ
1) マナー
* 正しいマナーを知っておくことは良好な社会生活、人間関係を築く上で大切
* 常識的なマナーを体得しいつでも即座に使えるようにしておきたい
 
2) 新年のあいさつ
a) あいさつの言葉 (マナーとなっているが、実情はあいまいに使われている)
*  1月1~3日   :明けましておめでとうございます
*  1420日  :新年おめでとうございます
目上に対して:本年もご指導くださいますようお願い致します
同僚や目下 :今年も宜しくお願いします
b) お辞儀
お辞儀の仕方は、言葉の終わりかけから頭を下げ、下で下げ止まる
頭を戻すときに約15度の角度となったら、一旦頭を上げるのを少し止め、相手の様子をうかがい、相手が頭を上げていたらすぐに頭を上げ、まだ相手が頭を下げていたら、相手と同じ歩調で頭を上げる
 
2. 会社での正しい言葉づかい
言葉づかいはルールに則って仕事をしている会社内の業務においては常識的なマナーなので、正しい言葉づかいを身に付けよう。
会社ではTPOに応じて「部長の○○」「お疲れさま」「○○様」「○○株式会社御中」「株式会社△△部長○○様」「○○各位」「各位」を使おう。

△ページトップへ戻る

1. 新年のあいさつ
1)  マナー
マナーは相手に対し悪い印象を与えないことが原則となっており、マナーの塊ともいえる冠婚葬祭はその極みである。
マナーは年長者、社会的地位の高いものを敬う、人間関係を円滑にするための社会習慣として出来上がり日常生活の中で知らず知らずのうちに使っている。
正しいマナーを知っておくことは良好な社会生活、人間関係を築く上で大切なため、常識的なマナーを体得しいつでも即座に使えるようにしておきたいものである。
 
しかし、各人が長年思い込みややなんとなく使ってきたマナーは、正しいマナーを理解してもなかなか身につかずに、いつまでたっても間違ったマナーを繰り返しがちである。人間の習慣、思い込みは簡単には修正できないものだと、誰もが何度も体験していると思う。
 
やはり、誤ったマナーを直すには、正しいマナーが自然にできるまで、何度も繰り返す、これしか方法はないようである。
 
2)  新年のあいさつ
新年のあいさつにもマナーがあり、知っていると恥をかかないですむ。
 
a)  あいさつの言葉
①  時期による言葉の使い分け*1)
113日   :明けましておめでとうございます
1420日 :新年おめでとうございます
②  年齢、地位の上下による使い分け
目上に対して:本年もご指導くださいますようお願い致します
同僚や目下 :今年も宜しくお願いします
 
*1)   ①時期による言葉の使い分けを紹介したが、実際はあいまいに使われている。
しばしば、話す、聞くことが多い「新年あけましておめでとうございます」は、「新年」と「あけまして」が重複するので好ましくないとの見解もある。
また、新年のあいさつを使う期限は、一応松の内の115日までが多い。一部では17日までの所もある。
 
b)  お辞儀
お辞儀の仕方は、言葉の終わりかけから頭を下げ、下で下げ止まること。
下げ止まらないお辞儀はだらしのない印象を受けるので、下げ止まるようにすると良い。
また、頭を戻すときに約15度の角度となったら、一旦頭を上げるのを少し止め、相手の様子をうかがい、相手が頭を上げていたらすぐに頭を上げ、まだ相手が頭を下げていたら、相手と同じ歩調で頭を上げる。
目上に対してこのようなお辞儀を行うことで相手より先に頭を上げない、相手に頭を上げるところを見せることができ、相手に対して丁寧、誠実との印象をもたせることができる。
 

2. 会社での正しい言葉づかい
1)  言葉づかいの誤り
言葉づかいの誤りは誰しも数え切れないくらい経験している。
会社員は言葉の間違いにより周囲から失笑をかったり、あとで上司や仲間から間違いを指摘されたこともあるだろう。
 
言葉づかいはルールに則って仕事をしている会社内の業務においては常識的なマナーなので、正しい言葉づかいを身に付けよう。
 
2)会社での正しい言葉づかい
 
表1 会社で良く見聞きする間違った&正しい言葉づかい
No
場   面
誤った言葉づかい
正しい言葉づかい
備  考
1
部外者に上司を紹介する、電話で上司のことを述べる時
「○○部長」と肩書き付き
「○○さん」
「部長の○○」
 
2
帰宅する上司に対して
「ご苦労さま」
「お疲れさま」
ご苦労様は上司が部下に対するねぎらいの言葉
3
目上の人に差し出す文書
「○○殿」
「○○様」
殿は目下に使う言葉
4
会社宛の文書類
「○○株式会社様」 
「○○株式会社行」
「○○株式会社御中」
会社宛の文書類は御中とする
5
会社宛の文書類
 
「(株)△△○○部長様」
「株式会社△△部長○○様」
株式会社は略さない。肩書きは頭につける。
6
文書のあて名
「○○各位様」
「○○各位」、「各位」
各位には皆様の意味が含まれている
 
★日本経済新聞    2006114   何でもランキング 言葉づかいで恥をかいたこと
                                                         うっかり、思い込み用心
                                                         普段からの訓練が大事 から引用
 
 
参照資料
雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌などの出典元、年月日、タイトルを載せる。
 
1.新年のあいさつ
★日本経済新聞    20091226  実践マナー塾 
                                                          14日以降の新年あいさつ
                                                             
★日本経済新聞    20091219  実践マナー塾 
                                                          きれいなお辞儀、息づかいから
 
△ページトップへ戻る

  1. 2013年06月03日 20:38 |
  2. 生活(整理 清掃 マナー)