今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

年賀状作成の極意(マナー、一言)&喪中対応

20091126
雑情報 (21)
    年賀状作成の極意(マナー、一言)&喪中対応
 
要旨
1. 年賀状の概要
サラリーマン家族では100枚前後の年賀状を作成している。
携帯電話やパソコンを使ったネット年賀状の利用は全体の1割にも満たない。
 
2. 年賀状のマナー
*  年賀状の基本は、受け取った相手に喜んでもらえることに尽きる。
もらってよかった年賀状は手づくりで、かつ手間をかけて作成したものである。
a)手書きで一言(ひとこと)が添えてある
b)本人や家族の近況報告や写真がある
c)文章、デザインが毎年違い、楽しい内容
d)水彩画、水墨画、毛筆、版画、和紙を使う、張り紙、ちぎり絵、サインペン、色鉛筆などにより意匠をこらしたもの
もらってもうれしくない年賀状は、義理、やむなく、いやいや差し出したと受け取られるような年賀状である。
子どもだけの写真は、相手によってもらってうれしいと評価が高い反面、印象がよくないと思うケースも多いので、差し出して良い相手かどうかの判断が重要。
年賀状、寒中見舞いを受取る時期、文面の日付の書き方にはマナーがある。
年賀状の文面のマナーを知っておこう。
年賀状の一言を手書きしている人の割合は9割。
誰にも使えてうれしい一言は「○○さんにとって良い(素敵な、飛躍の)年になりますように」
年賀状を作成するのなら、相手に喜ばれるとともに印象に残る年賀状としたい。
 
3. 喪中はがきが届いたら
喪中はがきを受領しても年賀状を出すのを止めるだけのケースが多い。
親しい相手からの場合は、はがきで相手の慰みとなるような言葉を書いて送るのが良いマナー。

△ページトップへ戻る

1. 年賀状の概要
1)  年賀状とクリスマスカード
今の時期、巷ではクリスマスイルミネーションが街中に輝き、寒い冬へ向かいつつある中、なんとなくうきうき、暖かい感じがする。
数十年前、日本の年末年始はお正月がメインで、クリスマスはローソクを灯したケーキを家族そろって食べるだけであった。今は西洋風の習慣がすっかり定着し年末はクリスマスが主体となっている。
それでも、お正月の変わらない風習として大晦日、年越しそば、紅白歌合戦、初詣及び年賀状は今でも続いている。
 
日本においては海外でさかんに交換されているクリスマスカードを見ることはなく、限られた日本人のみが海外に住んでいる家族や友人、海外企業とのビジネス関係者とクリスマスカードの交換を行っている。
 
このような状況から、日本にお正月の風習が続いている限り年賀状を出す習慣はなくならないし、クリスマスカードにとって代わられることもないであろう。
 
2)  年賀状を出す枚数
一家族が出す年賀状の枚数は、50100枚、50枚未満、100200枚がそれぞれ3割ずつを占め、一人当たりに換算すると30枚に相当する。
普通のサラリーマン家族なら100枚前後の年賀状を作成していることとなる。
 
3)  年賀状の作成の主流はプリンター
年賀状の作成に、いまや自宅のプリンターが大活躍している。
年賀状代わりの携帯電話やパソコンを使ったネット年賀状の利用は全体の1割にも満たない。
 
なお、プリンターの利用法については、 
パソコン情報(15)(15-2) (15-3) プリンターを上手に使おう 
を参考のこと。
 
4)  知っているようで知らない年賀状のマナー
年末に年賀状を作成、投函し、年始に配達された年賀状を読み、1月末にお年玉のくじ番号のチェックや住所録、名前の変更をもう何年、いや何十年続けてきたことであろう。
知っているようで知らない年賀状にまつわるマナーについてまとめた。大半の内容は、誰もが経験として知っていることばかりであるが、読んでいくうちにやばい、このようなマナーがあったのかと新しい発見があるかも・・・
 

2. 年賀状のマナー
2.1 年賀状の基本
年賀状の基本は、受け取った相手に喜んでもらえることに尽きる。
年賀状の送り先は友人、親族、学生時代や趣味の会などの先生や先輩、仲間、その他お世話になった人である。
サラリーマンなら、会社の虚礼廃止とバブル期以降の景気の低迷から社内の上司への「お中元」「お歳暮」の習慣はなくなったが、「年賀状」は年に1回の儀礼として残り、社内の上司や同僚、お世話になった仕事関係者などへ送っている。
 
年賀状にせっかく手間とお金をかけるのだから、相手先が喜ぶ体裁、文面にしたいものである。
 
2.2 相手が喜ぶ年賀状
1)  もらってうれしい年賀状
相手が喜ぶ年賀状はどのような体裁、文章、写真だったのかを表1に示す。
 
この結果から、もらってよかった年賀状は手づくりで、かつ手間をかけて作成したものである。
a)手書きで一言(ひとこと)が添えてある
b)本人や家族の近況報告や写真がある
c)文章、デザインが毎年違い、楽しい内容
d)水彩画、水墨画、毛筆、版画、和紙を使う、張り紙、ちぎり絵、サインペン、色鉛筆などにより意匠をこらしている
 
1 もらってよかった年賀状ベスト15
順位
年 賀 状 の 一 言
1
手書きでコメント(一言)が添えてある
2
本人や家族の近況を報告する文章がある      
3
文章やデザインがユーモラスで笑える
4
文章やデザインが毎年違う
5
手書きの字がきれい
6
家族全員の写真が載っている
7
水彩画や水墨画など凝った絵が描いてある
8
すべて毛筆で書いてある
9
芋版や木版などの版画を使っている
10
和紙など手づくりしたはがきを使っている
11
張り紙やちぎり絵を使っている
12
サインペンや色鉛筆などで描いたイラストがある
13
干支の文字や絵だけなどのシンプルなもの
14
今年の抱負や決意などが書いてある
15
子供だけの写真が載っている
★日本経済新聞        2005123        何でもランキングベスト15
 もらってよかった年賀状 から引用

2)  もらってうれしくない年賀状
反対に、もらってもうれしくない年賀状は、義理、やむなく、いやいや差し出したと受け取られるような年賀状が当てはまる(2)
 
決まり文句だけとか、受取人の名前や住所が間違っているなどはバレンタインの義理チョコではないが、義理で投函したことが見え透いている。
やはり年賀状は差し出す以上、できれば手書きとし、印刷の場合でも近況などを一言載せるのがマナーであろう。
相手の名前や住所の間違い、自分の名前や住所の書き忘れ、印刷に失敗した絵柄、文面などは、投函前にチェックすれば防ぐことができるので、今一度年賀状を差し出す前にチェックしよう。
 
子どもだけの写真は、相手によってもらってうれしいと評価が高い反面、印象がよくないと思うケースも多いので、差し出して良い相手かどうかの判断が重要である。

2 あまり印象のよくない年賀状ベスト10
順位
年 賀 状 の 一 言
1
「あけましておめでとう。今年もよろしく」など決まり文句しか書いていない
2
受取人の名前や住所が間違っている
3
どんな年賀状でも、もらえばうれしい
4
手書きのコメントが添えられていない
5
子どもだけの写真が載っている
6
広告が入っている
7
絵柄がずれるなど印刷に失敗したもの
8
差出人の名前や住所を書き忘れている
9
仕事上の儀礼的な内容のもの
10
自慢話が書いてある
★日本経済新聞       2005123        何でもランキングベスト15
もらってよかった年賀状 から引用
 
2.3 相手先への到着日による年賀状、寒中見舞い
年賀状、寒中見舞いを受け取る時期、年賀状に書く日付の書き方にはマナーがあるので知っていると役に立つ。
それらをまとめたものを表3に示す。
 
3 相手先への到着日による、年賀状と寒中お見舞いの区別と文面の日付の書き方
相手先への到着日
様 式
文面の日付
説  明
時 期
日にち
正しい使い方
間違った使い方
元 日
1月1日
年賀状
2010年元旦*1)
平成22年元旦
2010年1月元旦
平成22年1月元旦
元旦は1月1日の朝ことを示すので1月をつけると重複表現。
松の内*2)
1月1日~7日
年賀状
2010年1月1日
平成22年1月1日
2010年元旦
平成22年元旦
1月1日以降に届く年賀状には元旦では違和感がある。1月1日あるいは投函日とする。
松の内の終り~立春*3)
1月8日~2月4日
寒中見舞い
 
 
松の内を過ぎて出す挨拶状は年賀状ではなく、寒中見舞いとする。
寒中見舞いに余った年賀状は使わない。

    *1) 元旦(がんたん)とは1月1日の午前を示す。元日(がんじつ)とは1月1日を示す。
*2)  松の内とは正月の松飾りがある1月1日~7日の間を示す。
*3)  立春とは冬至と春分のほぼ中間に当たる日に相当し、太陽暦では2月4日ごろとなる。立春の前日は節分。
  
2.4 年賀状の文面のマナー
年賀状は誰もがもらっただけでうれしいものである。
しかし、文面によっては受け取った人のうれしさが損なわれるかも知れないので、表4を参考にチェックしてみよう。

4 年賀状の文面の書き方&受取人
番号
対 象
項 目
正しい使い方、受取人
間違った使い方
備  考
1
目上の人、
改まった相手
新年を祝う言葉
 
「謹賀新年」「恭賀新年」
「謹んで新春のご祝辞を申し上げます」
「新春を寿ぎ謹んでお喜びを申し上げます」
「賀正」
「賀春」
「迎春」
「頌春」
賀正、迎春などの2文字漢字は簡略語なので、目上の人や改まった相手には避けたほうが無難。
2
すべての相手
新年を祝う言葉
 
「新年おめでとうございます」
「新年明けましておめでとうございます」
新年には明けるとの意味が含まれており重複表現である。
3
文面
一言(添え書き)の言葉
「今年も宜しくお願いいたします」
「今年も宜しくお願いいたします。」
文面に句読点(。や、)をつけないのが慣例。
4
すべての相手
昨年を示す言葉
「昨年」
「旧年」
「去年」
新年になったばかりなのに「去る」は過ぎ去ったことを示すため使わないほうが良い。
5
昨年接触がなかった相手
お礼の言葉
旧年中は大変お世話になりました
昨年会った、関係しなかった相手にはお礼の慣例句は使わない。
6
文章
忌み言葉
去、亡、失、失、滅、枯、衰、破、倒、絶、 暗、病、痛、壊などを使わない
礼儀上使わない。
7
文章
不祝儀言葉
弔事、法事、離婚、倒産、廃業、リストラなどを使わない
もし、不祝儀の内容を書きたい場合には同等の意味を持つ別の言葉を使う。
8
写真
子供の写真
親しい親族
独身の女性、子供がいない既婚者、親しくない親族、友人、ビジネス関係
 
子供の写真は相手先の立場、家族構成、心情を良く知っていないと受け取った側が不快になるケースがありうる。相手の立場になったと想定した上で決める。
9
写真
結婚式の写真
結婚したことを伝えていないが、結婚したことを伝えることが望ましい親族、友人、仕事関係など
他社の仕事関係者
結婚写真など二人の写真は所帯を構えた証なので、どちらかと言えば出したほうが良い。
10
写真
自分及び自分と家族の写真
親しい親族、親しい友人
独身者、親しくない親族、ビジネス関係
自分だけの写真ならあまり問題がないが、配偶者や子供と一緒の写真は送る相手を考慮すること。

 
 
2.5 年賀状の一言(ひとこと)
年賀状の文面に一言を手書きしている割合は、半数の人がすべての年賀状、4割が一部の年賀状となっている。
年賀状の作成は昔の手書きからプリントごっこによる印刷、プリンターによる作成へと変遷し宛名面、文面共に印刷できるようになった。この結果、すべての挿絵や文章を印刷した年賀状が増えたため、温かみのある手書きの一言が見直されてきた。
 
しかし、いざ一言を書こうと思っても、なかなか良い文章が思いつかないあなたへ、助けとなる事例を表5に示す。
 
この中から、うれしい一言が見つかれば良いが・・・
 
5 年賀状のうれしい一言ベスト10
順位
年 賀 状 の 一 言
1
「○○では△△していただき、とても感謝いたしております」
2
「○○では大変楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました」
3
「今年も○○でご一緒させていただければ幸いです」
4
「Aさんはお忙しい毎日だと思いますから、くれぐれもご自愛下さい」
5
「教えていただいた○○を今も大事に思っております」
6
「一段と輝かしい1年をお過ごしになられますように」
7
「○○してくださったことで今、△△できております」
8
「最近は○○に取り組んでおり、特に△△に興味を持っています」
9
「こちらはとりあえず元気にしております」
10
「Aさん、かけがえのない御身をお大切に
★日本経済新聞        2007121        何でもランキングベスト10
 うれしい年賀状の一言 から引用
 
もし、これらの中にぴったりの一言が見当たらない、困ったな~でも、一言何か書かなければと悩んでいる時に誰にも当てはまり、かつ受け取ってそれなりにうれしい一言を表6に示す。
使う時のポイントは○○さんと個人の名前を一言の頭に加える*4)ことが要点。名前を加えないのと比較すると、受け取った側の喜びは何倍にもアップする。
 
6 誰にも使える便利な年賀状の一言
項目
誰にも使える便利な年賀状の一言
1
「○○さんにとって良い年になりますように」
2
「○○さんにとって素敵な1年でありますように」
3
「○○さんにとって飛躍の1年になりますように」
 
*4)  挨拶の場合は、会ったらすぐに「○○さん、おはようございます」 
会話の最初や途中において「○○課長の意見に賛成します」など、役職名だけで対応するのではなく、役職名の前に名前を加えると、格段に信頼度が増し関係が深まる。
  
参考として、以下のサイトに年賀状の一言の文例を示す。当たり障りのない一言のオンパレードであるが、この中から良い一言が見つかるかも・・・
 
年賀状・暑中見舞いドットコム、年賀状の一言添え書き
                          http://www.nengasyotyuu.com/nenga/nbashic/nbashic_02.html#section02
 
2.6 印象に残る年賀状
年賀状の作成に当たりマナー違反をしないだけでは、相手の気を引き付ける年賀状とはならない。
せっかく作成するのなら、相手に喜ばれるとともに印象に残る年賀状としたい。
 
 
3. 喪中はがきが届いたら
毎年11月中旬から12月初めにかけて、喪中はがきが届くようになる。
喪中はがきを受領しても、通常は年賀状を出すのを止めるだけのケースが多いが、親しい相手からの場合には、はがきで相手の慰みとなるような言葉を書いて送るのが良いマナーとされている。
 
 
参照資料
雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌などの出典元、年月日、タイトルを載せる。
 
1.年賀状の概要
★日本経済新聞    20071216          当世ふところ事情
 年賀状、何枚出す?
 メール利用 3人に1
 
★日経パソコン      2008128            ネットユーザ1000名に聞きました
  年賀状、自分で印刷する?
 
2.年賀状のマナー
★日本経済新聞    20061223          何でもランキングベスト15
 手軽で印象に残る年賀状
 
3.喪中はがきが届いたら
★朝日新聞           20071215          年賀状手軽に心こめ
 喪中はがき、届いたら?
 
★日本経済新聞    2006121            シングル 知恵袋
                                                                  寒中見舞い 年賀状代わりにぜひ
 
△ページトップへ戻る

  1. 2013年06月03日 16:56 |
  2. 生活(整理 清掃 マナー)