今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

雑情報(50) 卵子の老化が進んでいる

2012115
雑情報 (50)
   卵子の老化が進んでいる、すぐに婚活、妊活を!
 
要旨
1.卵子の老化を知ったからには、すぐに婚活、妊活を!
クローズアップ現代の「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」は2030代の独身、結婚している女性のみならず、子供をもつ親たちにタイトル通りの強い衝撃を与えた。
 
子供が欲しいのにできない、不妊の原因は
卵子は年をとるにつれ数が減るばかりでなく、卵子が老化し妊娠しにくくなる。
子供を自然に産めるのは35歳まで
若作りにより年齢より若く見せることはできても、卵子の老化は防げない。
 
卵子の老化を知ったからには、すぐに将来設計を見直し、婚活、妊活に取り組もう
 
ただし、婚活、妊活は長い人生の一つの重要な行動であるが、今まで通りの生き方や独身のまま過ごす生活を否定するものではない。
日本では、誰もが自分の意志で自由に生きることができ、親や国家であっても、子供を産む,産まないの判断や人生を勝手に強制することは許されない。
 
卵子の老化を知った上で、35歳を過ぎてからの結婚、子供を産まない選択をすることは、ありえるし、あっても当然であるが、卵子の老化を知らないまま、結婚を先延ばしするあるいは結婚が遅れるのは絶対に避けたい。
 
2.NHKのクローズアップ現代、「卵子老化の衝撃」
*  NHKで放送された番組の内容
NHKクローズアップ現代、「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」
NHK首都圏ネットワーク、「不妊社会」- 不妊の原因 卵子の老化」
NHK スペシャル、「産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~」
 
番組を視聴した専門家の見解
宗美玄(産婦人科医):卵子が老化するなんて
榎戸誠(医薬関係イーピーエスの社長):卵子は老化するという衝撃的な事実 

△ページトップへ戻る

1.  卵子の老化を知ったからには、すぐに婚活、妊活*X)を!
1)  クローズアップ現代の「卵子老化」は2030代の女性に衝撃を与えた
最近、不妊についての情報をテレビ、新聞、ネットで見かけるようになった。
 
きっかけは、今年(2012年)の214日、女性から男性へ愛の告白をするバレンタインデーに放送された、NHKのクローズアップ現代「産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~」である。
 
クローズアップ現代は、1993年からキャスターの国谷裕子(くにやひろこ)が出演しているニュース・報道番組である。取り上げる話題は、日本のみならず世界の政治、経済の現状、科学、環境、教育などの分野におよんでいる。
社会問題や誰もが身近に感じているいじめ、フリーター、孤独死、ボケ老人、葬式、うつ病、自殺、生活保護、ネット犯罪などもしばしば取り上げられている。
 
ウィキペディア、クローズアップ現代
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E7%8F%BE%E4%BB%A3
 
取り上げられた話題の中で、「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」は2030代の独身、結婚している女性のみならず、子供をもつ親たちにタイトル通りの強い衝撃を与えた。
 
*X) 妊活:妊娠にかかわる各種行動や活動。同様な言葉に婚活があり、結婚にかかわる各種行動や活動を示す。
 
2)  子供が欲しいのにできない
クローズアップ現代、「卵子老化の衝撃」、その他の情報から不妊に関する要点をまとめると
 
①  卵子は、生まれた時から増えることはない。
②  卵子は年をとるにつれ数が減るばかりでなく、卵子が老化し妊娠しにくくなる。
③  妊娠には適齢期があり、30歳以下なら何もしなくとも子供ができる。
④  子供を自然に産めるのは35歳までで、40歳以上で子供が生まれるのはまれ。
⑤  芸能人などの不妊治療による高年齢出産は、例外中の例外で普通はありえない。
⑥  夫婦のうち10組に1組は子供がいない。
⑦  学校、医療機関、マスコミなどは卵子が老化すること、卵子の老化により35歳以上では子供ができなくなることを、まったく教えてくれなかった。
広く知られているのは、避妊方法とエイズにかからないための情報だけ。
⑧  若作りにより年齢より若く見せることはできても、卵子の老化を防ぐことはできない。
 
3)  卵子の老化を知ったからには、すぐに将来設計を見直し、婚活、妊活に取り組もう
この放送を視聴したり、あるいは友人や親などから聞いたり、ネットで知った2030代の女性は、どのような行動をするだろうか?
 
卵子の老化を知るまでは、子供は35歳を過ぎても生むことができる、あるいは、もっと高齢となっても不妊治療さえすれば40歳を越えても子供を産むことができるとの、間違った思い込みを排除し、すぐに婚活、妊活に取りかかろう。
 
独身者ならキャリアップ、自由気ままに生活する、将来の夢のためにお金を稼ぐことも大事かもしれないが、妊娠可能なタイムリミットがあることを認識し、結婚を最優先とする婚活を開始し、遅くとも30歳前後までには結婚して、子供を産む準備をしよう。
日本は、婚外子が法的にも社会的にも当たり前とは考えられていないため、子供を作り育てるには結婚しか方法がない。
 
既に結婚をしているのなら、夫婦で相談し、共稼ぎによる収入の確保やキャリアップをはかるより妊活による子供を作ることを最優先としたい。
 
ただし、婚活、妊活は長い人生の一つの重要な行動であるが、今まで通りの生き方や独身のまま過ごす生活を否定するものではない。
日本では、誰もが自分の意志で自由に生きることができ、親であっても、ましてや中国のように国家が子供の数を制限するなど、その人生を勝手に強制することは許されない。
 
卵子の老化を知った上で、35歳を過ぎてからの結婚、子供を産まない選択をすることは、ありえるし、あっても当然であるが、卵子の老化を知らないまま、結婚を先延ばしするあるいは結婚が遅れるのは絶対に避けたい。
 
2.  NHKのクローズアップ現代、「卵子老化の衝撃」
1)  本番組及び関連番組の内容
卵子の老化が脚光を浴びることとなった、クローズアップ現代、「卵子老化の衝撃」、その後、相次いで放送されたNHKの関連番組を紹介する。
 
NHK ONLINE, クローズアップ現代、産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~
2012214PM7:307;56放送
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3158_all.html
 
NHK ONLINE@首都圏、首都圏ネットワーク、
「不妊社会」- 不妊の原因 卵子の老化
201242PM6:107:00放送
http://www.nhk.or.jp/shutoken/net/report/20120402.html
 
NHK スペシャル、産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~
2012623PM9:3010:19放送
http://www.nhk.or.jp/shutoken/funin-sp/
 
2)  番組を視聴した専門家の見解
卵子の老化が放送されたあと、ネット上に様々な意見が乱れ飛んだ。
 
その中から専門家の見解を2つ紹介する。
 
①  宗美玄(ソン・ミヒョン、産婦人科医)のママライフ実況中継、
YOMIURI ONLINE ,YOMIDr.コラム・ブログ宗美玄のママライフ実況中継、
卵子が老化するなんて  2012年7月11日
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=61578
 
②  榎戸誠(えのきどまこと、医薬関係のイーピーエスの社長)の情熱的読書のすすめ、山椒(さんしょう)読書論、卵子は老化するという衝撃的な事実
      http://www.medicalline.co.jp/enokidoblog/sanshou/2012/02/7053
 
△ページトップへ戻る
  1. 2012年12月27日 14:52 |
  2. 卵子の老化(婚活 妊活)