今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

節電を兼ねたベランダ菜園

2011627
雑情報 (31-3)
    節電を兼ねたベランダ菜園
 
要旨
1. 節電を兼ねた緑のカーテン
1)夏場の節電対策
2)電力不足は数年間続く
3)緑のカーテン
 
2. 緑のカーテンを作ろう
1 緑のカーテンとして人気がある植物
順位
名  前
楽 し み 方
眺める
食べる
使う
葉、茎
1
ゴーヤー
 
 
 
2
アサガオ
 
 
 
 
3
ヘチマ
 
 
 
4
フウセンカズラ
 
 
 
 
5
キュウリ
 
 
 
6
ツルインゲン
 
 
 
 
7
パッションフルーツ
 
 
 
 
8
ヒョウタン
 
 
 
9
ツルムラサキ
 
 
 
 
10
ブドウ
 
 
 
 
1) 緑のカーテンに適した植物の条件
a) 植物の種類
窓の高さ1.8m+縁側の高さ0.5m2.3m以上の高さに成長する植物
太陽を求めて隙間無く葉が茂る
夏の間、枯れずに葉が茂っている
育てる手間がかからない(害虫が近寄らず、病気に強い)
葉や花から不快なにおいがしない
きれいな花や実を眺め、更に実を食べられれば最高
b) 維持するための条件
上へ伸びるため、支柱あるいはネットが必要
毎日の水やりは欠かせない
緑のカーテンとして植える植物は葉が多くかつ薄手のため、常時散水をしないとすぐに水不足でしおれる。
毎日散水ができないようであれば緑のカーテンはあきらめよう。
1週間に1回は液体肥料
病害虫を見つけたらすぐに対応
2) 緑のカーテンに適した植物
2 緑のカーテンに適した植物
目 的
種  類
花を眺める
アサガオ
実を眺める
ヘチマ
フウセンカズラ
ヒョウタン
葉、茎を食べる
ツルムラサキ
実を食べる
ゴーヤー
キュウリ
ツルインゲン
 
アサガオは9月末まで楽しむことができ夏の代表的な植物の一つ。
実を眺める植物として、昔はヘチマが主流であったが、最近ではフウセンカズラやヒョウタンも人気。
ゴーヤー独特の苦味を気にしない家庭ならぜひ栽培してみよう。そうでなければ代わりに誰もが食べることができるキュウリを植えるのが良い。

△ページトップへ戻る
1. 節電を兼ねた緑のカーテン
1)  夏場の節電対策
東関東大震災と福島原発事故の影響を受け、東京電力管内のみならず日本全国において夏場の電力不足が想定されるため、国民あげての節電が求められている。家庭での節電対策のメインはやはり電化製品を上手に使うことにより、無駄な電気使用量を減らし、電力が逼迫する時間帯の正午から午後4時の時間帯には不要不急の電化製品は使わないことである。
 
電化製品の効率的な使用以外にもスーパークールビズの掛け声のもとに、事務所の冷房温度が28℃であっても暑く感じない服装がトレンディとなった。
そのほか、家庭、学校などでは窓際によしずを立てかけたり、すだれをたらしたり、緑のカーテンを作ることにより陽射しをさえぎり快適に過ごせるように工夫をこらしている。
よしず、すだれの外観、使い方は以下のサイトを参照。
 
藤沢白旗神社、しらはたフォロ・ブログ (よしずを紹介)
http://www.shirahata-jinja.jp/blog/?m=20090625
 
湘南鎌倉・あつもも庵日誌 (すだれを紹介)
http://atsumomoan.exblog.jp/7922987/ 
 
2)  電力不足は数年間続く
電力不足の今年、いや電力不足は定期点検後の原発の再稼動が難しそうなことから数年間は続きそうな情況となっている。夏場が終わるとすぐに、冬季の暖房需要が高まることによる冬場の電力不足が大きく取り上げられることは明白である。
 
3)  緑のカーテン
今年の夏、緑のカーテンは夏場の電力不足対策の一つとして脚光を浴びており、今後、この傾向は定着しそうである。
 
緑のカーテンの代表となっている、ゴーヤー*X)の状況は以下のサイトを参照。
 
ヨコハマ経済新聞、2011627日、ゴーヤーやヘチマを育てよう
「緑のカーテン栽培講座」
http://www.hamakei.com/headline/photo/4896/
 
*X) ゴーヤーとゴーヤーどっちが正しい?
ゴーヤー人気が高まるにつれ、ゴーヤーとゴーヤーの両方の用語が使われている。
調べたところ、ゴーヤーの発祥地、沖縄では、八重山地域など一部を除き、今でもゴーヤーと末尾をのばして発音していることから、ゴーヤーを使うのが望ましい。
 
ゴーヤーは農学、園芸学の名称は「ツルレイシ」、生物学では「ニガウリ」と呼んでいる。
ウィキペディア、ツルレイシ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B7
 
緑のカーテンの基となる家庭園芸については以下に紹介している。
 
雑情報(31)   家庭園芸を始めよう 201054日発行
雑情報(31-2)  手軽に家庭園芸を! ミニグリーン、野菜作りの勧め、留守時の水やり、家庭菜園にもマナーが必要 201081日発行
 
 
2.緑のカーテンを作ろう
緑のカーテンとして人気がある植物を人気順に示す(表1)。
 
1 緑のカーテンとして人気がある植物
順位
名  前
楽 し み 方
眺める
食べる
使う
葉、茎
1
ゴーヤー
 
 
 
2
アサガオ
 
 
 
 
3
ヘチマ
 
 
 
4
フウセンカズラ
 
 
 
 
5
キュウリ
 
 
 
6
ツルインゲン
 
 
 
 
7
パッションフルーツ
 
 
 
 
8
ヒョウタン
 
 
 
9
ツルムラサキ
 
 
 
 
10
ブドウ
 
 
 
日本経済新聞、2011年5月28日、何でもランキング 初心者におすすめの「緑のカーテン」から引用、作表
日本経済新聞ネット、2011/5/28、初心者におすすめの「緑のカーテン」 何でもランキング
http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXDZO29323980X20C11A5W01000
 
 
1)  緑のカーテンに適した植物の条件
緑のカーテンは夏に育てる植物ならどれでも良いというわけではなく、それなりの条件をクリアしたものとなる。
 
a)  植物の種類
緑のカーテンに適した植物の条件は、
窓の高さ1.8m+縁側の高さ0.5m2.3m以上の高さに成長する植物
昔から夏場の風物詩のアサガオ、簡単に栽培できるキュウリ、ヘチマはいずれもつる性の植物のため3m以上に成長する。
太陽を求めて隙間無く葉が茂る
植物は光合成により成長するため、何もしなくとも太陽が当たる方向へ向かって延びていく。
ただし、アサガオは葉がそれほど大きくなく、かつ葉の茂る間隔が広いため密に植えないと結構隙間だらけとなるが、緑のカーテンの役目は十分果たす。
夏の間、枯れずに葉が茂っている
植物は水不足、成長が止まる、寒さの訪れなどにより枯れてくるが、その場合、下の方の葉から順に色が黄色くなって枯れて落ちてしまう。
育てる手間がかからない(害虫が近寄らず、病気に強い)
植物を育てる上で、一番嫌なのはアブラムシやハダニのような害虫がとりついたり、うどん粉病のような病気にかかり葉が枯れたりすることである。
夏場は高温、乾燥になりがちなため病害虫に強い植物を育てるのが良い。
葉や花から不快なにおいがしない
通常、花のにおいは心地良い。しかし、緑のカーテンには使わないが、ゼラニウムのように葉から独特のにおいがするものを嫌う人もいる。
きれいな花や実を眺め、更に実を食べられれば最高
園芸の醍醐味はきれいな花を咲かせる、食材として収穫することである。
花を楽しむアサガオ、実を眺めるヒョウタン、実を食べるゴーヤー、キューリを育てるのは最高の楽しみとなる。
 
b)  維持するための条件
夏の間、緑のカーテンを維持し続けるため、ある程度、手間をかけなければならない。
維持こそが園芸家の楽しみであるが、あまり園芸に興味がない人にとっては、維持は手間がかかりやっかいである。
緑のカーテンを維持するためには、
上へ伸びるため、支柱あるいはネットが必要
緑のカーテンにするためには支柱やネットが必要。
特にヘチマやヒョウタンのように実が大きく、重くなる植物は丈夫な支柱あるいはネットを準備しておかないとつるが地面にはいつくばり緑のネットにはならない。
毎日の水やりは欠かせない
緑のカーテンとして植える植物は葉が多くかつ薄手(葉の厚みが薄い)のため、常時散水をしないとすぐに水不足でしおれる。
植物は葉が茂るにつれ、毎日大量の散水が必要となるため毎日の水やりは欠かせない。特に、プランターの土の量が少ない、植えつけた苗の数が多いと、1日に1回の散水ではまにあわず、朝、昼、夕方と3回散水するはめとなり、結構手間がかかることもある。
もし、水不足が長く続くと下のほうの葉から枯れて黄色くなり落葉し、緑のカーテンがみすぼらしくなるため、毎日散水ができないようなら緑のカーテンはあきらめよう。
 1週間に1回は液体肥料
緑のカーテンは、毎日成長しかつ既存の葉を維持し、花を咲かせる、実を大きくするために太陽以外に栄養分を必要とする。
1週間に1回、液体肥料(窒素:リン酸:カリ=111.51)程度)を散水時に混ぜて植物へ与えよう。
病害虫を見つけたらすぐに対応
新芽近くにアブラムシ、高温が続くと葉の裏にハダニが発生するので、見つけたらすぐにつぶしてしまう、殺虫剤で駆除をしよう。また、キューリなどの葉に白いうどん粉のようなうどん粉病が発生したら、殺菌剤を散布して葉全体へ広がるのを防止する。
病害虫や病気は広がってしまったら退治するのが大変となるので、見つけたら、即、駆除、殺菌するのが大事。
 
2)  緑のカーテンに適した植物
今まで、家庭や学校において緑のカーテンとして良く使われてきた植物*Y)を表2に示す。いずれの植物とも、前項目 1)緑のカーテンに適した植物の条件 をクリアしてきたものばかりなので、素人にも十分育てることが可能である。
 
2 緑のカーテンに適した植物
目 的
種  類
花を眺める
アサガオ
実を眺める
ヘチマ
フウセンカズラ
ヒョウタン
葉、茎を食べる
ツルムラサキ
実を食べる
ゴーヤー
キュウリ
ツルインゲン
 
*Y)   動植物名
動植物名は学術名として使う場合はカタカナを使う原則がある。しかし、一般的な文章には、漢字、カタカナ、ひらがななど動植物名の表現として芸術的感覚、親密性を感じる、やわらかい感じなど文章表現としていずれを使用しても良いこととなっている。
例として、アジサイを漢字で書くと紫陽花となり読めない、誤って読んだりすることもあるため、ニュースや報道記事ではカタカナ表記で統一しているケースが多いが、独自の見解を取っている場合もある。
 
NHKでは以下のように決めている。
(質問)動物や植物の名を、カタカナ ひらがな 漢字と色々書いていますが、その基準はどうなっているのでしょうか。
(回答)動物や植物(含む野菜)を表す漢字が常用漢字表にあれば漢字。なければひらがなで書きます。学術的な場合は、カタカナで書きます。
NHK放送文化研究所、ことば(放送用語)、放送現場の疑問・視聴者の疑問から引用
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/003.html
 
 
a)  花を眺める
アサガオは9月末まで楽しむことができ夏の代表的な植物の一つである。
アサガオには花の色がたくさんあり、違った花の色のアサガオを植えると赤、青、ピンク、白、あるいはまだら、白い縁取りなど毎日違った様相のアサガオを楽しむことができる。
最近は在来種の朝に花を咲かせ昼にはしぼんでしまうアサガオの他に、花色は青、大きさは小ぶりであるが昼間も咲き続けるセイヨー(西洋)アサガオ(ヘブンリー・ブルー)も普及している。
アサガオは8月末頃になると花が咲き終わったあと実が熟して種となる。乾燥して茶色となった種を集めるのは園芸家の楽しみである。
 
関心空間、緑のカーテン アサガオの画像)
http://www.kanshin.com/keyword/1199978
 
Good News Collection2006913日、朝顔5
(セイヨーアサガオの画像)
http://blogs.dion.ne.jp/mrgoodnews/archives/4146836.html
 
b)  実を眺める
実を眺める植物として、昔はヘチマが主流であったが、最近ではフウセンカズラやヒョウタンも人気がある。
ヘチマはつるが34mも延び、ヘチマの実は重いため竹さおかネットが必要となる。
 
c)  葉、茎を食べる
ツルムラサキは、葉、茎が成長したら、カットして食材として食べることができる。ホウレンソウに似た食感がある。
 
d)  実を食べる
ゴーヤーは最近の沖縄ブームに載って人気となり植えられているが、ゴーヤー料理としてゴーヤーチャンプルーだけでは食べきれないかも?
ゴーヤー独特の苦味を気にしないで食べている家庭ならぜひ栽培してみよう。そうでなければ、せっかく実ったゴーヤーを捨てるはめになるので、代わりに誰もが食べることができるキュウリを植えるのが良い。
 
 
参照資料
雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌などの出典元、年月日、タイトルを載せる。
 
2.  緑のカーテンを作ろう
★日本経済新聞    2011528 何でもランキング
                                                   初心者におすすめの「緑のカーテン」
                                1位 ゴーヤー、2位 アサガオ、3位 ヘチマ、
                                4位 フウセンカズラ、5位 キュウリ、6位 ツルインゲン、
                                7位 パッションフルーツ、8位 ヒョウタン、
                                9位 ツルムラサキ、10位 ブドウ
 
ベランダ菜園の参考資料
★日経interesse   20113          失敗しない!
                                                        我が家にぴったりのベランダ菜園
                                 まずは「菜園環境」を確かめて、道具を揃え基本を確認!
                                                                  ~日なた大好き野菜~
                                                                  ~半日陰でも元気に育つ野菜~
                                                                  ~日陰だって大丈夫の野菜~
                                                         もしベランダに物を置けないお宅なら
 
★日本経済新聞    2011420   ガーデニングは「花より野菜」
                                                         供給に不安、家計の足しに
                                                         ゴーヤー、節電に一役
                                                       
★読売新聞           2011620   趣味の値段 コンテナ菜園
                                                         小スペースで「自給自足」
                                                       
★日本経済新聞    2011615   らいふプラス「ベランダトラブル」に注意
                                                         たばこ・水遊び・ガーデニング
                                                         共用部分と認識/住人同士で交流
                                                         マナーめぐる苦情多く
△ページトップへ戻る
  1. 2013年02月23日 15:33 |
  2. 園芸、ペット、趣味