今後の人生と日常生活に役立つトレンディな情報、知っておくとためになることを具体的にわかりやすく説明。

人生と生活に役立つトレンディな情報マガジン(愛称:人生トレマガ)

続々巣ごもり生活の楽しみ方、夏休み編

2009723
雑情報 (13-3)
    続々巣ごもり生活の楽しみ方、夏休み編
 
要旨
*   不況の中、家計は緊縮財政の真っ只中
・ 生活防衛策は出費を切り詰めることと、将来に備え貯蓄に励むことの両面戦法の実践である。
*   子供の世代は親より貧しい
日本の経済成長と共に過ごして来た現在の高齢者が一番裕福で、団塊の世代が豊かな生活を過ごせる最後の世代となろう。40代以下に若い世代には過酷な運命が控えている。
将来を見据えてどう対処すればよいかを検討、計画をたてて着実に実行していこう。
*   節約を身につけ、将来に備えよう
見栄を張るのはばかげたことである。貧乏人ほど見栄を張り、本当の金持ちは外見を気にしない。
教養を高め、健康で快適に過ごすための教養、医療、美容費などには必要なお金をかけよう。
・ その代わり、不要と考えたり、見栄を張るのをやめる、安く購入する方法を探すことで今まで通り生活満足度を極端に落とすことなく過ごすことができる。
*   お得な購入、サービス方法を探そう
・ 同じ物品を購入したりやサービスを受ける場合、安く購入できる方法を探し、実行しよう。
100円ショップの利用
PB(プライベート・ブランド)商品の購入
ネットの価格比較サイトを利用
・ 節約方法には手作り、修繕、中古品の売買、不要家電の処分などもある。
*   夏休みの過ごし方
・ 今年の夏休みは景気が低迷しているため、自宅で巣ごもりしてゆっくりと過ごす家庭が多い。
・ 各家庭、厳しい経済状況の中でも、巣ごもりを楽しみながら過ごしている。

△ページトップへ戻る

1. 巣ごもり生活ももうすぐ
1
1)  不況からの脱出策
米国発のサブプライムローン問題を契機とした景気後退はドミノ倒しのよう全世界を覆い、あっという間に世界同時不況となった。
不景気は元凶となったアメリカではそれほどではなく、サブプライム問題に最も関係がないと思われていた日本の景気後退が先進国の中では一番ひどい。日本は人口減、無策の政治、中国の台頭等からまだ不況からの脱出策は見出せていない。
 
2)  家計は緊縮財政真っ只中
サラリーマンは4月以降の給料減や夏季ボーナスの大幅カットの現実を身をもって知り、生活防衛の必要性を感じている。
生活防衛策は出費を切り詰めることと、将来に備え貯蓄に励むことの両面戦法を実践しなんとか今の局面を乗り切るしかない。
 
3)  子供の世代は親より貧しい
国民性調査では、将来生活が貧しくなると回答した割合が57%となり、半数以上の国民が今回の不況を脱出できても、将来の生活に希望が持てないと考えている。
また、生活水準が低下するにつれ、イライラ度が増し、自由度が減り、どうしようもない閉塞感が増している。
その反面、自分本位の人間関係の見直しが見られ、家族の重要性、職場の人間関係の改善などが見られた。
 
まさしく、
★橘玲(たちばなあきら)、「雨の降る日曜日には幸福について考えよう」
幻冬舎、1,600
の通りのことが起こりつつある。 
 
世界トップクラスの生活を享受しているアメリカではまじめにコツコツと働いておれば子供の世代は親の世代よりも豊かな生活を送ることができる神話が営々と続いてきたが、いまや崩壊しつつある。アメリカ人の恵まれた生活スタイルは現在の60代までで終わり、それ以下の世代は親の世代を超えることはできなくなっている。
 
日本でもアメリカと同様な出来事が現実になりつつある。日本はバブル崩壊後、全体の趨勢として企業が栄え、勤労者が貧しくなり世代間格差が急速に拡大した。日本の経済成長と共に過ごして来た現在の高齢者が一番裕福で、団塊の世代が豊かな生活を過ごせる最後の世代となろう。
40代以下の若い世代は、少子高齢化による人口減による経済力、国力の減少(財政赤字、貿易赤字、超円安)によるインフレ、高い税金、各種保険料の高騰により生活苦、貧困者、失業者が相次ぎそうである。
 
今は机上(きじょう)の論議と思って笑い飛ばしているかもしれないが、この悲惨な状況は近い将来日本国民の身に降りかかってくる。
経済力、国力の低下は確実に国民の生活レベルを悪化させるので、長期的な展望にたった対応が必要である。経済一流政治三流といわれた日本の国力は今や経済一流半、政治番外となり、経済界や政治家にまかせていても挽回できないのは目に見えている。
誰もが、将来を見据えてどう対処すればよいかを検討、計画をたてて着実に実行していこう。
 
 
2. 節約生活の勧め
不況が続く中、国民はどのような節約をしながら生活をしているであろうか。
今の時代、見栄を張るのはばかげたことである。貧乏人ほど見栄を張り、本当の金持ちは外見を気にしない。
国民全体がこぞって節約を身につけ、将来に備えよう。
 
1)  項目別の節約方法
日々の生活で消費している物品やサービスの項目別の節約方法を示す。
 
節約の基本は、
教育費-------------------  将来を見据えた子供や自分、家族の教育費は減らさない。
医療費-------------------  健康維持、病気にならない、万一の場合の医療費などは健康的に過ごすためにケチらない。
教養費・美容費---------  自分を磨く習い事、趣味などの教養費、美容費は減らさない。
など教育、医療、教養、美容費には必要なお金をかけている。
 
その代わり、不要かもと考えたり、見栄を張るのをやめる、安く購入する方法を探すことで今まで通りの生活満足度を極端に落とすことなく過ごすことができる。
 
通信費--------------------  携帯電話の契約を家族(家族割など)でまとめたり、割安の契約へ変更したり、インターネットの接続を光回線からADSLへ仕様を落としたり(接続速度が低下するが、動画などをあまり見ないのであればADSLでも十分)、ネットと電話を共通化したりして通信費を下げる。
食事費--------------------  自宅で作る食事の3倍費用がかかる外食は避ける。コンビニ弁当は価格が安くなったが、それでも手作り弁当の安さにはかなわない。
                                         付き合いで飲む酒、食事も回数を減らしたり、安い店へ変更し出費を減らす。
                                         独身者は外食を減らし自炊すると相当出銭が減少し、貯金できる。
衣料費--------------------  各家庭、タンスの中は衣料品で一杯。流行を追わなければ古い衣料品で十分。
新品を買いたい場合にはユニクロ、シマムラなどの高品質、低価格の専門店を利用し、まちがってもデパートなどへ足を踏み入れない。
雑費-----------------------  スーパ、DIYより更に安い100円ショップを利用して雑貨類を購入する。数年前までは100円ショップは安かろう、悪かろうの商品も見受けられたが、今は様変わりして、ありとあらゆる普通の品質の商品がびっくりするほどの安い価格で売られている。
                                         近場にドンキホーテなどのDIYあるいは100円ショップがあれば一度覗いて見ては・・・
 
2)  購入の方法による節約
同じ物品を購入したりやサービスを受ける場合、安く購入できる方法を探し、実行すると良い。
 
100円ショップの利用
前記、④雑貨に記載した100円ショップで物品を探し、求めていた物が見つかると、概略、正規メーカ品の1/3以下の価格で購入できる。
 
PB(プライベート・ブランド)商品の購入
スーパやコンビニではPB商品を次々と開発し店頭に並べている。従来のPB商品はメーカのブランド品と比較すると、3流メーカの工場で生産した商品が主体であったため、品質がメーカ品と比較すると劣り、安いが品質はいまいちとの評価であった。
しかし、不況が続く中、現在のPB商品は12流メーカの余剰生産設備を使ったメーカの正規ブランド品とそん色が無い商品に置き換えられつつあり、中品質の製品を安価で購入することができる。
 
ネットの価格比較サイトを利用
ネット上には、たくさんの価格比較サイトがあるので、利用すると同じ品物を安い価格で購入できる。
一番有名な“価格.comをクリックすると様々の物品、サービスを比較し購入できる。
http://kakaku.com/
 楽天市場(楽天ICHIBA)”を訪れても商品などの価格を比較、購入できる。
http://www.rakuten.co.jp/
そのほか、Googleを使い、「品名」「価格」「比較」などの検索項目で検索しても良い。
 
3)  その他の節約術
節約方法には、物などの購入時以外に手作り、修繕、中古品の売買、不要家電の処分などもあるので紹介する。
 
手作り、修繕
自分でできることは自分でやろうとのDIYDo It Yourself)を実践すると、物を作ったり、修理したりすることで、無駄な出費を抑えることにのみならず、付随して物を作る楽しみ、子供や家族との共同作業、技術の伝授などを得ることができる。
自分で作ったり、修繕したものは、プロが作った物と比較すると出来栄えが多少悪くとも愛着があり、満足して使うことができる。
 
中古品の売買
手持ちの書籍、CD/DVD、衣料品、靴、ゲーム機・ソフト及びパソコンなどを中古品販売店やネットオークションで売買することが当たり前になってきた。
これらの中古品を売買できるマーケットが育ってきたことにより、今まで所有者が不要と考えごみとして廃棄されていたそれらの物品が新たにマーケットへ還流することは、資源の有効利用、無駄の排除から大変好ましいことである。
中古品の流通に関しては、品質のばらつき、安全性、盗難品など犯罪の誘発などの課題もあるが、着実に拡大していくであろう。
部屋の中にもう読まない、聴かない、見ない、袖を通すことがない、遊ばない、使わないこれらの品々があれば、思い出として残したいと考えている物以外は、部屋を整理し広くするためにも、中古品として売却を検討してはどうであろうか?
また、書籍、CD/DVD、ゲームソフトなどはコンテンツ(内容、中味)に価値があるため、外装が汚れていたり、発売されて日数が経過しても価値自体は不変のため、それらの中古品を買うのは得である。
 
マイボトル持参
節約の一つの方法として、会社などへ勤務している場合、会社内や道路際の自動販売機から飲み物を買っていては月間でもかなりの出費(150/ボトル×22/月=3,300/月)となる。手持ちの水筒を持参すれば、飲み物代を数分の一に下げることができる。
節約は小さなことの積み重ねなので、ぜひ実行しよう。
 
不要家電の処分
不要家電は、押入れで場所をとり厄介者である。
景気対策として実施中のエコポイントがつき、古い家電のリサイクル費が返金されるテレビ、冷蔵庫、クーラは古いそれらがあれば買い替えを検討するに値する。
その他の家電品は、古くなると使い道がないので、自治体へ粗大ごみ処理費を支払って処分してもらうのが一番問題がなさそう。
もし、まだ使えるのなら友人へ譲ったり、ネットでオークションヘかけることもできるが、結構手間がかかるので、やはり粗大ごみとして処理するのが無難かも。
 
一番最悪で、大金をぶったくられ大損し泣き寝入りするのは、不用品回収業者を呼び止めて処分してもらうことである。無料回収などのビラや拡声器の声にそそのかされて、不用品回収業者と絶対に接触しないこと。
 
プレジデント   2009715   不要家電の処分は、こうすれば得をする!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090715-00000001-president-bus_all
(削除されて見ることができない)     
 
 
3. 夏休みの過ごし方
2009722日の皆既日食(部分日食)は、天候不順のため、大半の人は観察することができなかったが、夏休み入りの子供達にとっては、日食の起きるメカニズムを知る良い機会となったことであろう。
 
今年の夏休みは景気が低迷しているため、自宅で巣ごもりしてゆっくりと過ごす家庭が多いようである。
旅行する場合でも、高速料金が1,000円となる土日曜日、お盆を狙って車を使うようである。各家庭、節約、巣ごもりの中で暑い夏を乗り切ろうとしている。
 
不況が続く中、国民はどのような節約をしながら生活をしているであろうか。
各家庭、厳しい経済状況の中でも、巣ごもりを楽しみながら過ごしている状況が見て取れる。
巣ごもり家庭の三種の神器(じんぎ)
a)地デジ対応大型テレビ
b)VOD(家庭向けオンラインエンタテインメントのことで、パソコン、任天堂DSWii
c)高機能家電(高機能炊飯器、ホームベーカリー)
を取り揃え、家族揃って過ごす家庭が増えてきた。
 
また、例年と同様に長期間休めることを利用し、読書、勉強、水泳などのスポーツ、趣味などを計画している。
 
オリコン          2009720  
“巣ごもり家族”の三種の神器は「地デジ対応大型テレビ」、「VOD」、「高機能家電」
http://life.oricon.co.jp/67813/full/
 
 
参照資料
雑情報を作成するにあたり、参考となる/参考にした新聞、雑誌などの出典元、年月日、タイトルを載せる。
 
1.巣ごもり生活ももうすぐ1
★日本経済新聞   2009622   聞いてみました隣の家計
                                                        夏のボーナス大幅減額
                                                        出費切り詰め貯蓄4
                                                        生活費補てんも2割強
                                                        人生設計に影響
                                                        若い世代「投資に好気」
 
★日本経済新聞   2009717   国民性調査 
                                                        貧しくなる57%、自由減る40
                                                        不満は「選挙で」
                                                        大切なのは「家族」46
 
★読売新聞          2009717   「日本人の国民性」調査
                                                        「イライラする」若者60%超え
                                                        「家族が一番」最高46      
 
★日本経済新聞   200332     日曜日の人生設計 橘玲
                                                        うひとつの幸福のルール1
                                                        幸せがずっと続くと信じていた
 
2.節約生活の勧め
★日本経済新聞   2009629    家計の選択 データを読む
                                                         生活防衛、衣食で節約           
 
★日経パソコン     2009525    そこが気になるランキング
                                                         実践している節約術 ランキング      
 
★日本経済新聞   200976     クイックサーベイ
                                                        PB商品の購入「1年前より増えた」67
                                                        信頼高まり生活に定着           
 
★日本経済新聞   2009625   買い手の本音
                                                        高まる手作り・修繕志向
                                                        「人任せにしない」意識強く
 
★日本経済新聞   2009622   クイックサーベイ
                                                        中古品売買「1年以内に利用した」が゙5割
                                                       女性に人気「衣料・靴」
 
★読売新聞          2009715   最新シゴト事情 オフィスの飲料
                                                        「マイボトル持参」4割強
 
3.夏休みの過ごし方
★読売新聞          2009711   夏休みは「節約」と「巣ごもり」
                                                         8月に「どこにも行かない」33
 
★日本経済新聞   2009722   クイックサーベイ
                                                        夏休みの旅行費用「15万円未満」が66
                                                        節約志向が一段と鮮明
                          
★日本経済新聞   2009711    日経生活モニター
                                                         夏休みにやり遂げたいこと
                                                          “勉強の夏”中高年も
 
△ページトップへ戻る
  1. 2013年02月11日 10:26 |
  2. 節約(税金 方法 防寒)